タイトル画像

会社が倒産したって、死ぬなんて考えないでください

2014.08.18(21:02) 1409

今日が夏休み明けという方も多かったのではないでしょうか。私も経験がありますが、長い休みの後の会社はつらいものでした。憂鬱な気持ちで会社に行かれた方もいらっしゃるでしょうね。

私の父のことを思い出しますと、休み明けに会社へ喜んで行ってました。「明日から仕事か。嬉しいなぁ」なんて、言ってましたね。学校に行くのが憂鬱だった私は「なんでそうなるのかわからん」みたいな感じて思っていました。

そういえば、妻の父親も同じように仕事に行くのを楽しみにしていましたね。昭和ひとけたの人とか昭和10年代の人は仕事あるいは会社へ行くのが好きだったんだなと思います。


ところで、休み明けにしては、ちょっと重たい話題ですけど、私の公式サイトに「倒産 死ぬしかない」とか、「破産 死ぬしかない」という「検索キーワード」で見に来られる方が結構いらっしゃいます。

それも同じ人ではなく、別の人ですね。ほとんど毎日のように、追い詰められた方の訪問があります。

私のサイトには倒産に関することも書いているので、それで検索に引っかかるのでしょうが、「死ぬしかない」ほど追いつめられている方で、私に連絡してきた方は二人だけで、それ以外の方々は大丈夫なのかなと心配しています。


でも、借金とか、会社倒産とか、廃業とか、破産とかで死ぬのは「ほんとバカらしい」ですよ。

男性はプライドで死を選ぶことがあるので、会社が倒産したら自分は終わりだと思いこむこともあるのでしょう。

しかし、会社が倒産したって、死ぬのはやめましょう。

破産して家が無くなっても、死ぬなんて考えないでください。

今の日本だったら、倒産したって、破産したって、家を失っても、何とでもなりますから。

絶対に死ぬことを選択しないでください。


一番つらい思いをするのは、残された家族ですよ。

あなたのことを大切に育ててくれた両親のことを思い出してください。

あなたに幸せになってほしいと願った家族がいるはずです。


あなたと一緒に学校に行った友達を思い出してください。

あなたの苦しい気持ちを聞いてくれるのではないですか。


会社を経営していたなら、お付き合いのある取引先、従業員がいるでしょう。

あなたを信頼している人たちもきっといると思います。


あなたを愛し、生かしている人を悲しませるようなことは決してしないでください。

道はあります。

-------------------------------------------------------------------------
「和の経営」のコンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社員研修、人材育成、個人研修のことならお任せください。 

「ビジネスに安心を」  古賀光昭の公式サイトです(^^)y

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<だいぶ前のドラマですが、「黒い福音」の感想 | ホームへ | 目標途中の大失敗にどう対応するか>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1409-f3ef9db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)