タイトル画像

目標途中の大失敗にどう対応するか

2014.08.14(15:39) 1408

昨日の続きです。目標に向かっている途中で、負け(失敗)があったとき、どう対応するかについて考えたいと思います。

戦略を立て、ある目標を立てても、途中で全く負けがないということはありません。失敗したり、敗戦したりして、目標に進んでいきます。

そこでトップとして、あるいは上司として、どういった心構えが必要でしょうか。

ちなみに、ここでいう失敗とは、小さな失敗ではありませんよ。へたをすれば、戦略の変更を余儀なくされるくらいの大きな戦術上の失敗です。


ここも『坂の上の雲 三』(司馬遼太郎著、文春文庫)の東郷平八郎さんのエピソードが参考になります。

日本艦隊は、ロシアの旅順艦隊とバルチック艦隊という二つの艦隊と戦わなければなりませんでした。日本艦隊はバルチック艦隊が来る前に旅順艦隊を味方の損害ができるだけない形で殲滅することでした。

日本艦隊と旅順艦隊は戦艦の数が6隻対6隻と均衡していましたが、海戦の前に敵の機雷によって、一日で戦艦2隻を失います。33%の戦力減です。旅順艦隊とバルチック艦隊を合わせると日本艦隊の倍の兵力なので、戦わずして日本艦隊の33%の兵力が落ちたとなると、絶望的な状況です。

この報告を聞いたとき、さすがに剛腹な参謀長、島村速雄も声をのみ、秋山真之は顔が凍結したようにしばらくまばたきをしなかったと司馬さんは書いています。

ところがです。ところが、東郷平八郎さんは顔色も変えなかったそうです。


その後、敗残した艦長が、三笠にこの件の報告に来た時に、彼らは東郷さんの顔を見ることができずに、みな声をあげてこの悲運に泣いていました。

ところが、東郷さんは、「みな、ご苦労だった」と平然としていたそうです。

秋山真之は「おれがこのひとなら、こうはいくだろうか」と思ったようで、東郷さんは頭脳ではなく、心でこの艦隊を統御しているようだと思ったようですね。


結局、大失敗に際して、トップは動揺してはいけないのです。

例えば、売上が大きく落ちたときや、取引先が倒産したときなど、急に悪いことが起きたときに、トップが動揺してしまうと、部下は浮足立ってしまうのです。


では、動揺しないようにするには、どうすればよいでしょうか。

最悪のケースを事前に想定して、腹をくくっておくことだと思います。

会社だったら、「全部の得意先が離れても、新たに得意先を見つけにいく」気概だとか、全従業員が退職しても、「自分一人でもう一度やり直す」といった気概を持っておくことが大切なのではないでしょうか。

何が何でも最終目標をやり遂げる、一人になってもやり遂げるのだという気迫ですね。

途中にどのような困難が来ても、自分の責任として飲み込んでしまう。

どんなにヤバイことが来ても、

「そうか。分かった。今日できることを今日しよう。今日も前進しよう。」と、気持ちを揺らすことなく、天命を信じていくことが大事ではないでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------
「和の経営」のコンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社員研修、人材育成、個人研修のことならお任せください。 

「ビジネスに安心を」  古賀光昭の公式サイトです(^^)y

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<会社が倒産したって、死ぬなんて考えないでください | ホームへ | 名将マカロフに学ぶモチベーションを上げる方法>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1408-276140f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)