タイトル画像

どのような時に部下のモチベーションが下がるのか

2014.08.11(00:03) 1404

前回は、社員のモチベーションが下がる理由の断トツのトップ「経営者または上司への不信感が生じたとき」と書きました。

では、社員はどのような時に不信感を持つのでしょうか?


一つは、上司が責任を部下に全部押し付けたときだと思います。

例えば、受注がさえないとします。それを全て部下の責任にしたら、部下は不信感を持つでしょうね。部下は自分に責任があると思っていても、全部の責任を押し付けられたら、おそらく不信感を持つと思います。


二つ目は、部下に対して不公平あるいは不平等な態度、行動、言動をするときでしょう。

ある部下に対してはとても丁寧に接し、別の部下に対してはぞんざいに接するようなケースです。若い女性社員を可愛がり、年配の女性社員を敬遠するような態度とかですね。

部下は不公平感や不平等感にとても敏感です。


三つ目は、納得できない指示命令を受けたときです。

このケースは納得できないだけではなくて、意味が分からない指示命令も含まれます。

部下は「もっといい方法がある」と思っているのに、論理的でもなく、説得力もない指示を出されて、「とにかくやれ!」と言われるようなケースです。

あるいは、その指示が何のためなるのか、さっぱり分からないけど、「とにかくやれ!」と命令されるようなケースですね。


四つ目は、パワハラ、セクハラあるいは「いじめ」を受けたときです。

この四つ目は犯罪なので、これが一番強烈かもしれません。これは上司がやってはいけないことです。



五つ目は、上司が「自分のことだけを考えている」のが分かるときです。

これは4つの原因の元になっているものですが、上司の態度や行動・言動で部下が「この人、自分のことだけ考えているやん」と分かる時があります。

自分の出世やお金や評価・評判、名誉など、「あれ?この人、結局は自分のためだけにやってるだけやん」と部下が気づいたときですね。この時、部下はいっきに白けます。


駆け足で、モチベーションが下がる原因を列挙しました。

他にもあると思いますけど、経営者または上司の方は、少なくとも、これら五つの「良くない行い」をすると部下は不信感を持ち、モチベーションが下がるので気を付けていただくといいですね。
 

ところで、これらは不満足要因を生まない発想でした。

これらをやらないことで、モチベーションが下がらないかもしれませんが、上がることはありません。

上げるには、満足要因を提供しないといけないのです。

次回は、モチベーションを上げるものについて考えてみましょう。


-------------------------------------------------------------------------
「和の経営」のコンサルタント 古賀光昭の公式サイト

社員研修、人材育成、個人研修のことならお任せください。 

「ビジネスに安心を」  古賀光昭の公式サイトです(^^)y

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<金銭によるモチベーションアップはお勧めしない | ホームへ | 渡邊幸義社長の『雇用創造革命』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1404-8658bbca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)