FC2ブログ


タイトル画像

『居酒屋野郎ナニワブシ』大阪出張 号外編

2014.07.22(15:59) 1387

大阪出張、高校時代の友人、号外編です(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
またまた居酒屋のシーンに戻る。

S「古賀、ブログ凄いな。1000回以上書いているんやて?」

古賀「いやいや、最近あんまり書いてないしな」

S「俺も本だしてるんや」

古賀「えっ!官能小説か??」

Yが横からフォローに入る。

Y「ハハ、官能小説って。そんなんちゃうで。」

すまん、S。俺が書けるとしたら、官能小説(笑)くらいしか思いつかんから、そう言うただけやねん。

ところが驚いた!なんと、友人Sは、第四回小説新潮 長編新人賞を受賞していたのだ。

それが次の本である。

居酒屋野郎ナニワブシ居酒屋野郎ナニワブシ
(1998/06)
秋山 鉄

商品詳細を見る


俺はあまり驚かない方だと思うが、これには驚いた。

凄い才能を持った同級生がいるものだと、本心で思った。

北方謙三さんが随分大賞を推してくれたらしい。本の装画は小島武さんで、素晴らしいカバーになっている。

テンポのいい文章で、居酒屋の煙や”におい”がしてくるような臨場感のある文章で、一気に読むことができた。


俺がもう一つ感心したのは、主人公の生き方である(全てではないが、ある程度は実話を元に書いているらしい)。


一例として、関西の超有名大学を中退するシーンがある。就職活動がアホらしくなって、退学するというものだ。

俺は思うのだが、決められたレールに乗らないSのような人間がいるから、人生って彩(いろどり)があるんじゃないかって。

こういう人間がいるから、人生に華があるのかなって。

家族はたまったもんではないかもしれないが、こういう人間がこの世にいなかったら、この世の中って、ほんと”つまらいもの”になっていると思う。


この話を”誇らしく”妻にしたら、妻が言った。

「あなたは、いつも脱線しているけどね」(笑)


ちなみにペンネームの秋山という苗字は、『坂の上の雲』の秋山真之から来ているらしい。

ちょうどブログで『坂の上の雲』を書いているときに、不思議とシンクロするものだ。

-------------------------------------------------------------------------
「和をもって戦う経営」 人材開発のコンサルタント 古賀光昭の公式サイト

根性と、そこから生まれた智慧で困難を乗り越えてきた古賀光昭の公式サイトです(笑)。

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

世界を変える若き起業家たちへ



<<「和をもって戦う経営」のすすめ 8 | ホームへ | 社員研修の目的は何でしょうか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1387-d3afd50d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)