fc2ブログ


タイトル画像

『父の教え、僕の生きかた』ネイマール・ジュニア選手の本

2014.06.30(15:06) 1367

サッカー日本代表がスポーツ紙やネットで叩かれているのを見て、どうなのかなと思っていましたが、世界のサッカー界では当たり前の話のようですね。

ブラジル代表のネイマール・ジュニア選手とお父さんのネイマールさんが書いた下記の本を読みましたけど、ネイマール・ジュニア選手でも、相当やじられるし、叩かれているそうです。

ネイマール: 父の教え、僕の生きかた (一般書)ネイマール: 父の教え、僕の生きかた (一般書)
(2014/03/13)
ネイマール、ネイマール・ジュニア 他

商品詳細を見る


サッカーの世界は厳しいようで、全部が”阪神タイガースファン”のような感じなのかもしれません。

要は、活躍すれば無茶苦茶賞賛されるけれども、ちょっとダメになれば、あることないことを書かれたり、やじられたりする。なんか、阪神タイガースとファンの関係のようですよね。


それはさておき、この本はネイマール・ジュニアとそのお父さんがどのような歩みをしてきたかを、二人の回想で書かれたものです。

お父さんのネイマールさんは、元サッカー選手ですが、怪我もあり、選手としては挫折を経験しています。

ただ、サッカー選手を夢見ている息子ネイマール・ジュニア選手に対し、時には厳しく道を示し、時には包み込むような優しさで息子を守っています。


最近大活躍するスポーツ選手は、親などの援助、支えで出てくることが多いですね。

日本のプロ野球選手だと、昔は「貧乏だったおふくろを幸せにしたかった」と一念発起して活躍した人が何人もいると思いますけど、最近は親がある程度余裕があって、子供に練習する環境を提供するケースも多いでしょうね。


ただ、ネイマール・ジュニア選手の場合は、お父さんが大怪我でサッカー選手を断念し、経済的に厳しい状況でしたが、お父さんが全力で働いて家族を支えています。

そうした父親の姿を見て、ネイマール・ジュニア選手は何か感じるものがあったのではないでしょうか。

父と子の素晴らしい関係を書いた本ですので、ご興味のある方はぜひ。
関連記事

世界を変える企業家たちへ



<<自分の才能の見つけ方 | ホームへ | サッカー日本代表は阪神に似ている!?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1367-fa0c6d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)