fc2ブログ


タイトル画像

言うのはタダの「リンガーハット」と「幸楽苑」の味

2014.03.07(22:19) 1341

今日、コンサルティングの帰りに遅い昼食をとる機会がありました。3時半頃でしょうか、以前にもお話に出しました「リンガーハット」という長崎チャンポンの店です(笑)。

今日は場所が違って、国道16号線沿いにあるお店です。

「リンガーハット」では注文をすると必ず「餃子はいかがですか?」と聞いてくるんですね。

私はあまり量を食べる方ではないので、その言葉に乗らないのですが、一瞬忘れていた注文を思い出させるような効果があると思います。

実際、私が食事している間に二人(いずれもお一人様)のお客様が来て、年配の女性は「餃子って聞かれたら、食べたくなるね。じゃ、3つ頂戴」って、「リンガーハット」の手にまんまと乗っていました(笑)。

言うのはタダですけど、お金を生み出す効果のある一言なのだと思いました。


お客様の側からすれば、断るときに心理的に負荷がかかるので、”うざい”言葉になるのでしょうけど、言うのはタダなので、社長の方針で店員に言わせているのでしょう。

そういえば、店内のBGMはジャズでした。これは何でなんですかね?店に合わないと思うんですが。


BGMがジャズと言えば、「幸楽苑」というラーメンのお店もジャズを流しています。

関西にいる頃は全く幸楽苑を知りませんでしたが、東証一部上場の企業です。

柏に来たころは、安くて美味しいラーメンがあるんだなと感心して、よく利用していたのですが、最近中華そばを食べても美味しくないんですよね。


特にめんが美味しくなくなったと思いますし、スープ、チャーシューも微妙に変わったような気がしてなりません。

原材料が高騰していて、質をこっそりと落としているのではないかと推測しています。


幸楽苑のHPのIR情報をざっと見ましたが、既存店は、やはり売上、客数や客単価を下げているようです。

このブログで細かな分析をするつもりはないので、単なる一顧客目線から言わせてもらうと、「味が落ちているな」ということと、店内にジャズが流れているのは違和感があるということです(昼間です)。

BGMについては店員さんに聞きましたら、アルバイトでよく分からないようでした。たぶん本社で決められた放送になっているのでしょう。

夜ではなく、明るい時間帯の、ラーメンを食べる雰囲気に合う音楽というのもあると思うんですけどね。


ちょっとしたことのようですけど、小さな点でも、お客様の視点を忘れているところがあるとしたら、結構大きなところでつまづくんですよね。以前ブログに書いたマクドナルドが、まさにそうだと思います(メニューの表示の仕方や持ち帰り袋の話)。

幸楽苑は一旦店舗拡大を止めて、もう一度美味しいものを作り、お客様に食事を楽しんでもらう原点を再確認した方がいいと思いました。
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<コトラーのマーケティング3.0 | ホームへ | 3年で売上を倍増する方法 10>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1341-9a9dc71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)