タイトル画像

3年で売上を倍増する方法 8

2014.03.01(18:19) 1338

今日が8回目になります。今日は社員教育についてお話をします。

社員教育を外部研修に任せている会社も多いかと思います。

ただ中小企業の場合は、社長自らが経営理念や方針について教育をしてください。

マナーやコミュニケーションのような一般的な教育は外部でもいいでしょう。しかし、理念や方針は社長の信念が言語化されたものですから、他の人に任せるのではなく、自らが時間を取って直接話した方が良いです。

そして研修は成り行きに任せたものではなく、プログラムを作り研修後の着地点を明確にしておきましょう。

着地点の一例としては、お客様の前で商品説明が一通りできるレベルだとか、経営理念を正しくお客様へ説明ができるレベルなどですね。

1週間後、1か月後、3か月後、6か月後などの着地点(目標)を明確にして、それに向かってのプログラムを策定しましょう。


私も経験がありますが、中小企業によくあるのは、研修期間に「人につける」ケースです。

「先輩社員の誰々について(同行して)勉強しろ」みたいなパターンです。

これでは先輩の力量や社員の吸収力で研修成果がバラバラになります。

そうではなく、社長が主導して、しっかりとしたプログラムを策定し共通の知識を得られるように工夫してください。


それから、これは社長が教えなくてもいいですが、社内外でやり取りしている言葉が分からないということがあります。

業界特有の言葉は外から入ってきた人には分かりません。

専門用語や会社内の独特の言い回しもあるでしょう。

それら分からない言葉を書面にて教えてあげるだけでも大分違います。


とにかく社長から見て、社員を戦力化するために必要なことを文字にして教育をしてください。社長の頭の中にある知識経験を言葉として文字として教えることがポイントです。

<続く>

-------------------------------------------------------------------------
倒産予防の経営相談 古賀光昭の公式サイト

貴社の繁栄と経営理念の成就のお役に立ちたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<3年で売上を倍増する方法 9 | ホームへ | 3年で売上を倍増する方法 7>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1338-69c02fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)