タイトル画像

仕事の危機と家庭の危機 その4

2014.02.14(00:02) 1322

仕事の危機と家庭の危機に関して、3回に渡って書いてきました。今日は最終回ですが、③仕事の成功 → 家庭の危機のパターンです。

このパターンは、仕事で成功したのはいいが、家庭が壊れる場合が当てはまります。

一つには、仕事が忙しくなりすぎ家庭を顧みなくなって、家族とうまくいかなくなるということがあるでしょう。

また、仕事の成功によって慢心して、スキができ、女性社員とできてしまったり、外に愛人を持ったりすることがあると思います。

もう一つは、経営がうまくいったので、ついつい能力以上に事業を拡大し、銀行の借り入れが返せなくなるものです。この場合は会社が倒産して、家族が巻き込まれるということになります。


大事なことは、成功している中に、失敗の芽が入っているということです。

人間は大失敗したときにショックで何も考えられないことがありますが、大成功したときにも自分を見失うことがあります。ある意味、有頂天のときの方が危ないと言えるかもしれませんね。

「全て自分の思うとおりにことが運ぶ」と思ったときは危ないといえるでしょう。

成功しているときほど、過信をせず、謙虚に事業をすることだと思います。

倒産する会社は一度や二度は「絶好調期」を経験しています。慢心しないで、心にスキを作らないことですね。


成功しても家庭が壊れたら、家族はつらい思いをします。本人もつらいでしょう。

仕事で成功することも大切ですが、家庭に悪影響を与えないところでの線引きは必要かと思います。

倒産する会社の社長は慢心しているケースが多いですから、順調なときほど自分にスキがないかどうかを振り返っていただくといいと思います。


-------------------------------------------------------------------------
倒産予防の経営相談 古賀光昭の公式サイト

経営は人間の体の健康と同じです。事前に打てる手を打っておくことが大切です。 社長様はぜひ一度ご覧ください。

また、Facebookもブログ読者の方なら友達申請歓迎ですので、ご遠慮なく申請してください。

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<東京チカラめしの閉店に思う | ホームへ | 仕事の危機と家庭の危機 その3>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1322-a893a4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)