タイトル画像

問題は自分への合図

2014.01.15(10:45) 1299

今日は経営者向けのお話です。ただ、社員の方や主婦の方にも参考になると思います。

経営をしていますと、日々いろいろな問題が起こりますね。

ただ、その問題を単に問題として考えるだけではなく、「社長の考え方を変えましょうという合図」だと考えられないでしょうか?


別の面から説明しますね。

お正月では、よく「縁起(えんぎ)を担ぐ」とか、「縁起が良い」など、「縁起」という言葉が良く使われます。この縁起、仏教の「因縁生起」(いんねんしょうき)の略です。

因縁生起とは、あらゆるものは、「因」(いん)という直接の原因と、「縁」(えん)という間接的な条件が関係しあって生じているという考え方です。


植物に例えますと、因は植物の種にあたります。縁は、土、太陽の光、水などです。そして、生起は結果として花が咲くということになります。

種がバラの花だと、条件が整えばバラの花が咲きます。チューリップの種だと、チューリップの花が咲きます。別の花が咲くことはありません。

ポイントは種の種類が結果を決めていることです。

これを会社を例にして当てはめますと、因にあたるものが、社長の考え方(心)です。そして、縁がマネジメントの内容になります。生起は、結果として起きたことです。



仮に、人事制度を作って導入したら、社員から凄い不満が出たとします。

この社員の不満が生起(結果)だとしたら、人事制度を設計し、社員に説明して、導入したところが縁になります。

では、因は何かというと、社長(経営トップ)の人事への考え方であり、社員への思いになります。社員に対してどうしてほしいと思っているのか、その考えそのものが因となるのですね。


それゆえ、何か問題が生じているときには、社長自身の思いの中に
「何か思い違いをしていることがあるのではないか」、
「何か足らないところがあるのではないか」、
「利己的なことを考えているのではないか」など、
何かの合図かもしれませんので、自分のうち(心)を振り返ってみると良い
と思います。


問題というピンチを、自分を振り返る糧(かて)にしていけば、どんどん成長していけます。

これほど得なことはありません。

ぜひ問題を活かしてくださいね。


-------------------------------------------------------------------------
倒産防止の経営相談 古賀光昭の公式サイト

経営に関するヒントをたくさん書いています。 社長様はぜひ一度ご覧ください。

また、Facebookもブログ読者の方なら友達申請歓迎ですので、ご遠慮なく申請してください。

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<正しい在庫管理について その1 | ホームへ | 張良に学ぶ大切な心がけ その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1299-1b523dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)