タイトル画像

これから起きそうなこと その3

2013.02.20(22:47) 1252

これから起きそうなこと、最後の第三回です。どうしても話しておかなければいけないことは、朝鮮半島の有事と尖閣諸島での武力衝突の可能性です。

まず、朝鮮半島の有事ですが、北朝鮮が核兵器を実際に使えると自信を持った時に、韓国を併合する動きをすると思います。

今年の夏など、気候が暖かくなった時期に、そのタイミングが来ればアクションを起こすかもしれませんし、今年核兵器を使える確信がなければ来年以降の暖かくなった時期に、南に対する併合を開始するのではないかと思っております。

民族統一、半島統一という大義を掲げて、最初は局地的な武力衝突から火ぶたを切って、韓国やアメリカの出方を見、アメリカが出てこないと判断したら、瞬時にソウルを占拠する作戦に出るのではないかと思います。

もしこんなことが起きましたら、日本の地政学的なリスクは高まりますから、日本人の意識が大きく変わるでしょうし、経済にも一定の期間良くない影響があることも考えられます。

ただ私は日本という国を信じていまして、仮に朝鮮半島の負の結果(北朝鮮による南北統一)が起こったとしても、それが日本にとって良い方向につながるものと思っています。


また、尖閣諸島でも人民解放軍が暴走して日本の船を攻撃する、尖閣諸島に中国漁民が上陸するなど、様々なリスクが考えられます。

私は2011年の8月にブログで日本企業の中国徹底を示唆し、2012年の1月には「撤退」をお勧めしました。

今年は撤退しようとする日本企業がトラブルに巻き込まれるのではないかと危惧しています。

はたして中国政府が日本企業が撤退することを認めるでしょうか。雇用が守られなくなることを、すんなりと「そうですか」と言うとは思えません。

また、企業が設けた利益を日本へ持ち帰ることができるかどうかも問題になると思います。


日本企業は、中国から撤退するときの障害をどう乗り切るかが、今年の大きな課題になるような気がしています。


日本経済がやっと良い方向へ舵を切ったというときに、隣国がよりきな臭くなっています。

しかし、日本は逆転の国で、危機を見事に良い方向へ変化できる国です。

私はあくまで明るい希望を持って、今年を見守っていきたいと思っています。


-------------------------------------------------------------------------
社長専門コンサルタント 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、期間限定の無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みくださいませ。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

-------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
クリックしていただいた方に、すべての良きことがなだれのごとく起きます!



関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<ゲームクリエーター飯野賢治氏 | ホームへ | これから起きそうなこと その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1252-0e8ae507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)