タイトル画像

これから起きそうなこと その2

2013.02.18(18:48) 1251

これから起きそうなこと、第二回です。

半年後、1年後には景気が上向くのではないかと予測をしております。

さて、景気が上向くと何が起きるかといいますと、人材の流動化が活発化することです。

人の確保が難しくなる企業が結構出てくるのではないかと思っています。


不況下だと人材の確保はできるのですが、景気が良くなると途端に人材の確保に苦労する業界や企業が出てきます。

以前、景気が良くない時に運送会社の社長様がおっしゃっていました。

「我々の業界は景気が良くなるのも善し悪しなんですわ。人の確保に苦労するんですよ。景気が悪いと募集したら人が集まるけれど、景気が良くなったら、人が集まるかどうか心配なんですよ」と。


増員の確保に困る会社もあるでしょうし、今の社員が辞めていくという事態が起きる会社もあるでしょうね。

大事なことは、社員を大切にする姿勢を持っておくことだと思います。


これは綺麗ごとではなく、経営者が「社員を育てる気持ち」や、「社員が会社の繁栄を担ってくれている自覚」をきちんと持つべきだと思います。

普段から経営者が社員を利用しようという気持ちで接していると、社員はそれを敏感に察しています。

それゆえ、転職できる機会をこっそりと狙っている社員にとっては、求人が増えると「それっ!」と転職してしまうことがあります。

景気が良くない時は多少無茶な指示をしても「辞めない」と高を括っていたのが、今度は簡単に辞めることも考えないといけなくなるわけです。


まぁ、経済環境によって社員に対する対応を変えるのを元々お勧めはしませんが、まだはっきりと景気回復が出ていないときから、社員を大事にする姿勢は見せていただきたいと思います。

結局はそれが会社にとっても社員にとってもプラスになります。


いいように利用していた者は、のちほど「いいように利用される」ものです。

社員を大切にする会社は、社員から大切にされます。

これは信じたら良い法則だと思います。


<続く>

-------------------------------------------------------------------------
社長専門コンサルタント 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、期間限定の無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みくださいませ。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

-------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
クリックしていただいた方に、すべての良きことがなだれのごとく起きます!



関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<これから起きそうなこと その3 | ホームへ | これから起きそうなこと その1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1251-9677b7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)