タイトル画像

ポイントスタンプと割引券と。

2013.01.22(19:45) 1230

私は時間があって、家が静かな時には瞑想をするときがあります。まぁ、あまりリキんだものではなく、心を澄ませるような時間を取っているだけです。

先日、瞑想をしていましたら、日本経済がしんどいことが浮かんできたときに、「俺が10兆円くらいのビジネスを創りだせば、たくさんの人が潤うな」って考えが出て来たんです(笑)。

話しが大きい妄想のようですが(笑)、今までにない全く新たな10兆円のビジネスが興せたら、ほんといいですよね!

そして、そんな大きなことが心に浮かんだ時に、ふっと「いついつまでに丸々円を支払わないといけないな」とか、「確定申告しないといけないな」とか、「明日はあの店で10%引きだな」とか、小さなことがよぎってきたんですね(笑)。

10兆円の想像と創造のほんのすぐ後に、お金のこまかいことが浮かんだんです。
(私は自身の個人事業の資金繰りと家計の資金繰りをしています(笑))

おかしなことですが、普段意識していることが瞑想していると浮かんでくるんでしょう。


そこで思ったんです。

支払いや細かいことは処理をするときだけ考えて、普段は考えない方がいいなと。

「今日はポイント10倍」とか、“ポイントカードを持ち歩いて買い物をする”とか、とらわれない方がいいなと(笑)。

いろんな店でポイントスタンプをやってますけど、たくさん貯めても大抵500円とか1000円レベルですよね。

中にはスタンプをたくさんためて5000円くらいをもらえるところもありますけど、5000円って、飲み会に一回いったら使うお金です。

ドラッグストアで「1商品10%割引券」といっても、2000円の商品を買って200円ですか。その割引の日を意識していることのエネルギーの方が勿体ないなと思いました(笑)。

お店の側はお客様の関心を引くためにポイント制を考えるのはいいと思います。


でも、私のように10兆円ビジネスの構想を考える人が「ポイントがつくぞ!」なんてことを日頃意識していたら変ですよね(笑)。


あまり小さなことや枝葉末節に意識を持っていくのではなく、大事な幹を見つめることを意識した方がいいですよね。

処理すべきことは、さっと処理して、その時以外は考えないことがいいように思いました。

-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<経営の幹と枝とコスト | ホームへ | 中小企業の交際費、全額損金へ>>
コメント
食堂のオバちゃんさん、いつも応援ありがとうございます。

なるほど、ポイントや値下げはお店だけではなく、消費者のためにもならないんですね!
買い物にいって「ポイントカードをお持ちですか?」と聞かれて持っていない、あるいは忘れてくると「損をした」気持ちになります。たいした金額ではないんですけどね。
そうしたポイント制度に私もちょっと疑問を感じております。

コメントありがとうございました。
【2013/01/23 13:45】 | 古賀光明 #- | [edit]
大賛成です。
ポイントや値下げセールは決してお店の得には成りません。
身を切っての客寄せ戦法です。
そして、周りまわって消費者の為にもなりません。
客側が自分自身の利益のみを考えた購買を続ければ必ず、その大好きな店はつぶれます。
すると困るのは結局消費者です。
『あの店安かったのに・・・』や
『いつも買ってあげてたのに・・』と、言っている当の本人たちが実はお店を傾かせた張本人です。
 また該当商品やポイント店に心がとらわれていると、本当に大事なことを見逃すことが多いです。
 セールやポイントはレコードにくっついたホコリみたいなもんです。貯めると、レコードに傷がついて、ええ音が聞こえません。
 それより、全商品、毎日のサービスがポイント込み!という姿勢はいかがでしょうか?

 と、ふと、思いました。

【2013/01/23 04:53】 | 食堂のオバちゃん #QyMQPslQ | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1230-67e61f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)