タイトル画像

若い世代はたくさんのプラス面を持っている

2012.12.23(16:51) 1212

昨日、夏の日経新聞の一面に「働けない若者の危機」という記事が載っていたことを書きました。

その記事の翌日にも連載されていまして、それは「中高年と奪い合うイス」というタイトルの記事でした。

内容は、65歳まで雇用延長するようになり、シニアと若者は企業の賃金の原資や仕事のイスを奪い合う関係に見えるというものでした。


国は、年金の支払を遅くするために雇用延長を考えているのでしょうが、それで若い世代の雇用が無くなるのでしたら、若い世代にとっては、たまったもんではありませんね。

年金に対しても、今の高齢者と私のような50歳の者でも不平等がありますし、若い世代とはもっと不平等があります。

上の世代が、若い世代を追い込んでおきながら、「今の若者は元気がない」とか、「今の若者にも責任がある」とか、勝手なことを言っているように私は思えます。


私は若い世代の人に、伸び伸びと生きて欲しいんですね。

このように生きなければいけないみたいな枠に捕らわれるんではなくて、人生を楽しんでもらいたいんです。

縮み志向の生き方ではなく、自由にやりたいことをやって欲しいんですね。


確かに年金や労働環境等、若い世代に不利なことはあります。

でも50年生きてきて、人生で最大の武器だと思うことは、「時間をたくさん持っていること」と「体力があること」の二つです。


何をするにも必要なのは時間です。

時間があれば、達成できるものは多くなります。

また、体が元気であれば、できることの範囲も広がります。


若い世代のみなさんは、環境面で不利なこともあるかもしれません。

しかし、時間や体力など、たくさんのプラス面も持っておられます。

ぜひ大いに羽ばたいて、人生を思いっきり楽しんでいただきたいと思います。


私は若い世代ではないですが、まだまだ頑張って行きたいと思います!

-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<クリスマスから年末年始は出費が重なりますね | ホームへ | 企業の人材育成の停滞とビジネスチャンス>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1212-38e72b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)