タイトル画像

孫子の兵法「予めの兵法」

2012.12.19(16:57) 1210

「孫子の兵法」に「予め(あらかじめ)の兵法」があります。

何事も“予め”準備をしておくことが大切だということですね。

戦争では戦争の前に先の先をよみながら戦略をたて、十分な兵力、食料、武器弾薬、物資を揃えてから、戦争をすることになります。

確実に準備をした方が勝つと言っても過言ではないでしょう。


経営も戦争のようなものなので、同じですよね。

十分な戦力を準備したものが勝てるのです。

社員採用や資金確保、経営戦略など、やるべき備えは“予め”十二分にやっておいてください。


特に現金は経営にとって大切です。

現金は、最低でも月商の二ヶ月分、できれば三ヶ月分以上を用意するようにしてくださいね。

経営にとっての「予めの兵法」は、資金の準備です。

常に予め準備する習慣を持つといいですね。


-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<企業の人材育成の停滞とビジネスチャンス | ホームへ | 日本って、わざと不況をしているんではないか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1210-36f60f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)