タイトル画像

仮面ライダー2号、佐々木剛さんの話

2012.11.19(18:40) 1190

先日、テレビで仮面ライダー2号の一文字隼人役の佐々木剛さんの「それから」をやっていました。今は東京で飲食店をされているようですが、30代で火事にあい、生死の境をさまよったそうです。

その後、火傷の痕がひどく、役者を続けることができないので、車で寝泊まりする毎日を送っていたとか。

壮絶な人生を送っておられたんだなと思いました。

思えば、仮面ライダー1号の藤岡弘、さんのバイク事故によるピンチヒッターが佐々木剛さんだったのですが、二人のライダーが生死の境をさまよった経験があるというのは、代償なのか何か分かりませんが、不思議な気がしてなりません。


ただ、仮面ライダーという番組にとっては藤岡弘、さんのバイク事故は「災い転じて福となす」だったと思います。

まずそれまで暗いイメージだった仮面ライダーを佐々木剛さんから明るい感じのする仮面ライダーに代えました。

また、バイク免許を持っていなかった佐々木さんへの配慮もあり、バイクに乗って変身するのではなく、人間が地上に立って変身ポーズを取って変身する方法が取られました。


私も最初に佐々木剛さんが仮面ライダー2号に変身したときの衝撃は忘れられません。

「お見せしよう。仮面ライダー」といって変身したので、すごいかっこいいなぁと思ったものです。


また、滝和也こと千葉治郎さんを起用したのも、藤岡さんが事故で抜けるためだったようです。私は滝和也が人間だったので、すごくかっこよく思いました。


こうして見てますと、一見不幸なバイク事故から仮面ライダーは人気番組へと変身していったように思えます。

そこにはスタッフの様々な工夫がありました。

主人公が急遽抜ける危機を、佐々木さんを起用したり、仮面ライダーを明るくしたり、滝和也などを採用したりすることによって、よりいいものへと変化させています。


不利になるようなことが起こっても、何か工夫をして、良い方向へ転換することができないかを考えることが大切ですね。


なにはともあれ、ライダーファンとして佐々木剛さんがご健在であったことは嬉しいことでした。

佐々木剛さん、ありがとうございます。あなたは私のヒーローです。


-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!





関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<今の日本の課題は、素人の政治家には対応が無理 | ホームへ | 阪神もたいがいにした方がいいんでは。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1190-a9804977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)