fc2ブログ


タイトル画像

部下は上司の悪いところに似る

2012.11.15(20:39) 1188

サラリーマン時代の上司が「部下は上司の悪いところに似るでしょう」と言っていました。
これは、子会社の管理職者について語ったときの言葉です。


つまり、子会社の管理職者は、社長の悪いところを吸収して、同じような悪い面を持っていると言っていたのでした。


そして、私の上司は「不思議なんだけど、いいところは似ないんだよね。悪いところほど、吸収しちゃうんだよね。」とも言っていました。


確かに、生え抜きで、ずっとその会社で働いて幹部になったような人は、「社長にそっくりだった」というのを何人か私も見ています。

ほとんど一日一緒にいるので、似てくるのでしょうね。



もし社長が、社員を見ていて、気に食わないことがありましたら、実はご自分と「そっくりの行動だった」ということはありませんでしょうか?


気に食わない社員の態度は、社長の普段の行動のコピーかもしれませんよ。

社員がすぐに感情的になるなら、普段から社長もすぐに感情的になっているのかもしれません。

社員が約束を守らない人間なら、普段から社長も約束を守らない人なのかもしれません。


社員が何でも他人のせいにして責任を取らないようでしたら、

普段から社長が他人のせいにして責任を取らないのでしょう。



もし、社員の態度で気に食わないところがありましたら、自分にも同じようなところがないかを振り返るといいです。


ただ、自分で振り返っても、なかなか自分のことは分かりません。


そんなときほど夫婦で経営している強みを発揮できます。

社長は奥様に聞けばいいです。


「俺って、こういうところあるかな?」って。

そして、奥様が言うことを素直に聞いてください。

「うそ~、俺、そんなことないよ~」と言わずに、周りがどう感じているかを素直に聞くことです。


自分を振り返られなくなったら、その人の器はそこまでです。

年齢は関係ありません。


人の忠告を聞けなくなったときから、その人はそれ以上の人物になれません。

奥様の言わんとすることを汲み取って、自己反省の材料にしてください。

すると、より大きな器になる機会(チャンス)になると思います。


夫婦で力を合わせて、機会を掴んでくださいね。
関連記事

世界を変える企業家たちへ



<<阪神もたいがいにした方がいいんでは。 | ホームへ | 交渉時には冷静な第三者にサポートをしてもらいましょう>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1188-da379185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)