fc2ブログ


タイトル画像

社員を大切にしていこうとする気持ちが大事

2012.11.10(20:40) 1185

昨日に続き京セラの稲盛和夫名誉会長の話をもう一つしたいと思います。

それは、京セラの経営理念で「全従業員の物心両面の幸福を追求する」という言葉です。

何か綺麗事だとか、そんなの嘘だとか、思われる方も多いかと思います。私も京セラで働いたことがないので、実際がどうだったのかは分かりません。


ただ、小規模の企業だと社員の募集に苦労されていませんでしょうか?

あるいは、せっかく社員を採用しても辞めてしまいませんか?

いい人材に入ってもらうことや、残ってもらうのは、ほんとうに難しいことだと思います。


そこで、私があえてお薦めしたいのは、貴社の経営理念に、京セラのような「社員を大切にしていこうとする気持ち」を入れることです。

そうすると、給料をたくさんあげなければいけないとか、様々な環境、条件をよくしなければいけないとか、心配をされる方もいるでしょう。


しかし、この理念をかかげることは、社員の言うことを何でも聞くということではありません。


会社が潰れたら、社員の物心両面の幸福を追求することはできません。

会社が潰れないように、皆が一所懸命働かなければならないということですし、
社員の幸せを守るために、社長が率先して働くから、社員についてきて欲しいというメッセージであるべきです。

「皆が安心して働けるような強固な基盤を今作っているのだ」と説明してください。

そして、ちょっとずつでいいですから、社員の物心両面の幸福を実現していけばいいのです。

いっぺんにやろうとすると、うまくいきませんから、無理のない範囲でやるといいです。

最初は誕生日のお祝いでもいいでしょう。

誕生日の社員にちょっとしたプレゼントを渡すなり、食事や飲み会に連れて行ってあげるなり、ほんのちょっとでいいです。

ちょっとずつでいいですから、幸せを形で表していくことです。

もし夫婦で経営をされているなら、奥様に考えてもらったら、きっと素敵なアイディアが出てくると思いますよ。

ぜひご夫婦で自分達にも、社員にとっても幸せな会社を築いていってください。
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<ど根性ガエルと夫婦の関係 | ホームへ | 夫婦経営でのワンマン経営のあり方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1185-d1fb4dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)