タイトル画像

田中文科相の不認可と第三極の連携

2012.11.05(16:03) 1180

田中真紀子文部科学相が、来春の開校を認可する答申を行った三大学について、不認可としました。これは許されることではないですし、暴挙ですね。

我が家の娘も今年が大学受験です。

不認可とした三校の一つに秋田公立美術大学があります。私の娘も美術が専門です。娘と同じように美術を志している学生さんが、たった一人のスタンドプレーによって道を閉ざされたことに憤りを持っています。

田中真紀子文科相が「教育の質が低下している」と理由を述べていましたけど、それはこの不認可とされた3校とは全く関係のない話です。

もともと教育の質が低下しているのは、ゆとり教育と取り入れたことと、大学入試方法を緩くし過ぎたことが原因だと思います。


民主党は政権交代直後に日米関係を無茶苦茶にしましたけど、総選挙が迫っている段階でも、まだまだ日本の国を駄目にするつもりのようです。


その民主党が惨敗すると言われている次の総選挙が年内になるか、年明けになるか、情勢が分からないですが、遅くとも来年の3月末までには総選挙があるでしょう。

現在の選挙の焦点は「第三極がまとまるのかどうか」というところに移っているようです。


しかし、政策の違う第三極が選挙のためだけに連合するというのは、民主党と同じ間違いを繰り返すことになるのではないでしょうか。

民主党は政策がバラバラだった者が、数を集めるために集まった集団です。

第三極が連携して選挙を戦うのなら、それが日本にとってプラスに働くとは思えません。

たちあがれ日本の方々は、石原さんと組んで、日本維新の会と連携する方向を見出そうとされています。

しかし、日本維新の会と組むことで、本当の保守の政治が出来るのでしょうか?

今は自民党の安倍総裁と組んで、保守勢力の分裂をしないほうがいいと思うのですが、いかがでしょうか。

第三極の動きが民主党を利することだけにはならないことを祈っています。
関連記事

古賀光昭の経営相談室



<<アメリカ大統領選挙より気になったこと | ホームへ | 読売ジャイアンツ、日本一おめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1180-dd553067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)