fc2ブログ


タイトル画像

早くもシーズンが終わった阪神タイガース

2012.05.04(18:20) 1074

今日は阪神の話題です。興味のない方はスルーしてくださいね。

2012年のペナントレース、阪神タイガースのシーズンは終わりました(早!爆笑)。

もう上位のチーム、特に中日に追いつき、追い越すことは無理でしょう。

このGW期間の試合を見て、過去10年で一番弱いと感じるくらいダメですね。
(過去10年とは、星野政権から岡田、真弓体制、そして今の和田体制です)

東京ドームの巨人戦で、二度ゲッツーを打った城島を和田監督はかばい「使った私の責任」と言いました。

最初に聞いたとき、今までの阪神の監督にない「かっこいい」発言をするなと思ったのですが、同時にその発言に何か違和感を感じていました。


その違和感がやっと分かりました。

「和田監督! “責任”って言いますが、全国の阪神タイガースファンのGWでの“苦しみ”?に対して、どう責任を取るんですか!?」(ちょっと熱くなってしまっています(笑))

政治も日銀も野球も「結果責任」だと思います。

勝つ采配をして、責任を取っていただきたいと思います。


しかし、「そんじゃ、どうやったら勝てるの」といっても難しいですが、まず打てない城島、小宮山、そして久慈コーチ(笑)。この三人は2軍へ行ってもう一度、鍛えなおしてほしいですね。

俊介、ブラゼル、マートンもひどいですけど、こちらの3人はチーム事情で1軍に残さざるをえないでしょう。

私の案は大和を相手投手の右左に関係なく使って、足を使った野球をすることです。

みすみす相手にワンアウト与える送りバントではなく、「盗塁をする野球」を目指します。

そして関本をサードに使い、新井をファーストにします。

マートンは外したいところですが、落合元監督巨人の阿部が言っていたように、他チームが一番マークしているのはマートンなので、あえてダメでも残します。


1番 センター大和
2番 セカンド平野
3番 ライトマートン
4番 ショート鳥谷
5番 サード関本
6番 レフト金本
7番 ファースト新井
8番 キャッチャー
9番 ピッチャー

それから、外国人バッターを探したほうがいいと思いますね。

マートンもブラゼルも、いつケガをするか分からないですし、いつ打つかも分からないですし(笑)。


ま、今年の和田阪神は「出だし」が良すぎましたね。

こうした苦境の時に将の器とか、力がよく分かるものです。調子のいいときは監督の強さなんて分かりません。

そして、こんなときほど、選手は監督をじっと見ているはずです。


経営でも苦境のときほど、経営者の器が分かるものです。

社員は、会社が順調なときは社長の顔を気にもしないでしょうが、大きな危機になると社長の一挙手一投足をじっと見ています。


されど、ものは考えようで、チームがどん底のときを経て、選手と首脳陣との本物の一体感が出来るのだと私は思います。

この危機を逆手に取って、チームを上手にまとめるきっかけにすることができるのか、このまま終わってしまうのか、和田監督の将として器が分かる5月になりそうです。


--------------------------------------------------------------------
古賀光明の公式サイト ← お仕事のご依頼はこちらからお願いします

古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新しています

---------------------------------------------------------------------

人気ブログランキングへ

クリックいつもありがとうございます!

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<なぜ阪神タイガースは弱くなったのか? | ホームへ | 本田健さん「何をやってもダメなときは、人生で3度ある」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1074-8fdf40d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)