fc2ブログ


タイトル画像

夫婦で経営、意見が違うことは良いこと

2012.04.05(19:17) 1054

中小企業では、ご夫婦で経営をされているところが結構あると思います。

夫婦で意見が合わないとか、考え方が違うということで、困っておられる方も多いのではないでしょうか。

私はご夫婦で経営をされていて、意見が違うのはいいことだと思っています。

性格が違うというのも正解だと思います。


例えば、ご主人が「ものすごくポジティブ」で、奥様が「すごい慎重な性格」というのもあるでしょう。

あるいは、ご主人が「お金の投資をバンバンするタイプ」で、奥様が「しっかりとしめるタイプ」というのもあるでしょう。

また、ご主人が「性格がきつい」けど、奥様が「優しい」とかあるでしょう。

まぁ、色々なパターンがあると思います。


夫婦というものは「本質は似た者同士」ですよね。

しかし、本質ではなく、表面に現れてくるのものは違った部分が出てくるので、違ったタイプに見えるのではないでしょうか。

言うなれば、本質は「似ているので引きつけあって」、表面は自分にないものを持っているような気がするので「惹かれ合う」のだと思います。


そこで、夫婦で経営をしていると意見がわかれることが多くあると思うのですが、意見がわかれることはいいことですよね。

慎重な性格の妻と、とことん前向きな性格の夫だから、経営のバランスが良いと思いますね。

あるいは、一方(妻)がお金をきちんと管理して、一方(夫)がお金を使って打って出るタイプならバランスが取れていますよね。

両方同じような性格、考え方をする夫婦の場合、うまくいっているときはいいのですが、ダメなときは止める人がいませんので、危険な面があります。


夫婦で経営会議をすると、いつも夫婦で意見が対立するという会社もあると思いますが、意見の対立はリスク管理の面からは良いのだと考えてくださいね。

タイプ、性格の違う夫婦で経営をされている会社はラッキーですよ。
関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<桜塚高校の関東の同窓会でした | ホームへ | 名言集 二宮尊徳「積小為大」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/1054-c001bec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)