fc2ブログ


タイトル画像

新年のご挨拶

2024.01.04(15:24) 2825

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

お正月に能登半島地震がありましたので、ブログで新年のご挨拶をするのもどうかなと思い、ブログを書くのを3日間止めておりました。

お亡くなりになられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の皆さまに対しまして、慎んでお悔やみを申し上げます。

また、被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

本当に心が痛む地震です。


ただ、日本では、どこに大地震がきてもおかしくありません。地震が活発になっている、そういう時期だと思います。

備蓄、家族との連絡方法、そして心の準備を日頃からしておかなければいけませんね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら励みになります。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

内科の医者が風邪を引かないのは、なぜ?

2024.01.12(23:46) 2826

今日、漢方薬をもらいに内科へ行ったのですが、やはり風邪なのか、インフルエンザなのか分かりませんけど、熱がある人が来ていました。

ところが、そこの先生はマスクもせずに診察をしていました。

私は以前から疑問に思っていたことを先生に尋ねてみました。

「先生は患者さんと接していますけど、よく風邪がうつらないですね?何か秘訣でもあるのですか?」と。

すると先生は、「そんなのないよ。よくわかんないけど、医者が患者から風邪をうつされたってことを聞かないでしょ?コロナも、インフルエンザも、うつったことはないよ。医者はみんながそうなんじゃないかな」とおっしゃってました。

確かに、内科の先生が風邪を引いたとか、インフルエンザになったとか、聞いたことがないですね。

そして先生は「たぶん、ウィルスは吸い込んでいると思うよ。でも、いろいろな人が来るから、いろいろなウィルスを吸い込んで、自然に抵抗力がついているんじゃないかな。」とおっしゃていました。

たくさんの人と接しているので、発症しないような免疫力が自然についたのだろうということですね。ほんとかどうかは分かりませんけどね(笑)

「風邪を引いたって、死にやしないから、どうってことないですよ」と笑っておられました。

「絶対に大丈夫だという確信」が、免疫力が高い源泉かもしれませんね(笑)

強い精神は、強い肉体につながるようです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら励みになります。

------------------------------------------------------------------
ブログ記事を読んでご縁を感じた方は、ぜひご連絡ください!
一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご質問は、
問い合わせページから、お気軽におたずねください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

後悔しない人生とは

2024.01.13(17:16) 2827

柏商工会議所主催のマネジメントセミナーをやっているときに、参加者に次のようなことを話したことがあります。

それはYouTubeに「人生で後悔していること」をまとめている動画があるのですが、そこで皆が話していることは共通していると。

そして、自分(古賀)も共感したし、おそらく多くの人も共感するだろうということを話しました。

例えば、働きすぎて、家族との時間をあまり取らなかったことを後悔している人。

お酒や女性やギャンブルなどにお金を使い過ぎたこと。

健康管理をしなくて、大病したこと。

無駄な時間の過ごし方をしたこと。


例を四つあげましたが、60歳以降の人で、人生に後悔しているものがある人には当てはまるものがあるのではないでしょうか。

働き過ぎを別にして、そのほかのものは「悪いとは分かっていて、やめられなかった」というものですね。

若い人に言いたいのは、「悪いと分かっているものは、極力やめること」です。毎日の、「ま、いいっか」が、人生の後半に後悔を招きます。

自分を律するのは難しいです。また、若いときに60歳以降の後悔を想像することは難しいでしょう。

でも、毎日のちょっとずつが、時間が長くなると大きく影響します。

後悔しない人生とは、地道なことの積み重ねであるんだろうなって思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら励みになります。

------------------------------------------------------------------
ブログ記事を読んでご縁を感じた方は、ぜひご連絡ください!
一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご質問は、
問い合わせページから、お気軽におたずねください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

「コストを回収し、利益を出さなければならない」は正しいか?

2024.01.20(17:25) 2828

ある企業の社長から質問を受けました。

それは製品の価格設定についてです。

ここ数年、材料高、エネルギー高によって、ほとんど儲けがでないと。製品価格はどのようにすれば良いかという質問でした。

「コストを回収し、利益を出さなければならない」ということについて、今回はドラッカーの回答を紹介しましょう。

ドラッカーはその意見について、

「正しくはあるが、見当違いな考え方である。消費者は、メーカーの利益を保証することが自分たちの義務だなどとは思わない。
価格設定の唯一の健全な方法は、市場が快く支払ってくれる価格、そして競争に耐えられる価格からスタートすることである。
そのうえで、その価格に合わせて製品を設計しなければならない。」
と言っています。
(出典、『未来への決断』(P.F.ドラッカー著 上田惇生他訳、ダイヤモンド社、1995年))


ドラッカーは、”コストを積み上げて、最終的に少し利益を載せて価格を決めてはいけない”ということを言っているのです。

消費者やユーザーは、「こういった製品、商品だったら、これくらいの値段かな」というものを予め持っています。

だから価格には消費者やユーザーが気持ちよく払ってくれる範囲があります。

その価格から大きくづれないように製品を設計し直さなければならないのですね。

最初の設計の段階から材料、工程の全てを見直す必要があるでしょう。

オーバースペックのところはないか、もっと安く材料を仕入れることができないか、代替できる材料はないか、工程の無駄はないか、全部検討してみましょう。

あくまで、”市場が思う価格”に設定をしてください。”コストの積み上げ発想”はいけません。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら励みになります。

------------------------------------------------------------------
ブログ記事を読んでご縁を感じた方は、ぜひご連絡ください!
一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご質問は、
問い合わせページから、お気軽におたずねください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



2024年01月
  1. 新年のご挨拶(01/04)
  2. 内科の医者が風邪を引かないのは、なぜ?(01/12)
  3. 後悔しない人生とは(01/13)
  4. 「コストを回収し、利益を出さなければならない」は正しいか?(01/20)