fc2ブログ


タイトル画像

時代の流れは「統合」の方へ向かっている

2022.02.01(20:27) 2628

昨年から直感していることがありまして、それは時代の流れは「統合」の方へ向かっているということです。

「統合」って、スピリチュアルなことに関心のある方でしたら、よく聞く言葉だと思います。

複数のものを一つにしていくという意味ですね。抽象的な言葉で表現するなら、”愛”になるかと思います。

別の例えをしますと、陰と陽の二つがあるとして、これらを分けたものとするのではなく、一つのものとすることです。

変な感じがするかもしれませんが、光と闇を一つにする、良いものも悪いものも一つにしちゃうというイメージです。

この「統合」の反対の考え方が「分離」ですね。

分けていく、区別していくというものです。「分析」、「支配やコントロール」というのが別の表現になると思います。

今までは分離が主流でした。

国や人々を区別し、誰かが誰かをコントロールし、誰かの指示命令で生きるのが当たり前だったのです。

悪いものは切り捨て、効率を優先する考え方があるでしょう。

しかし、時代は統合の方へ向かっていると私は感じています。

いいものと悪いもの、ポジティブなものとネガティブなものを一つにして、最善解を求めていくように思うのです。経営も統合の方へ向かっていくでしょう。

今はコロナによって分離が強くなっていますが、このことは何年か”強い分離の期間”を経て、人々が統合、すなわち国や人の強みをいかして世界中が協力しあう流れの一つだと私は感じています。

ここで誤解してほしくないのは、統合するといっても、国がなくなることではないし、個人の個性がなるなることではないということです。

逆に個人の個性が輝き強みを発揮しながら、誰かにコントロールされるのではなく、成果をあげていく姿になります。

世界の国も、国としての個性を無くしていくのではなく、国の独自性や良さを発揮しながら、地球としての最善解を出していく方向です(現代のように一部の大国が世界をコントロールするのではありません)。

統合した世界や個人がすぐに実現することはないと思われますが、この見えない流れは、”大きな分断の後に”確実に見えてくると思います。

ブログの短い文章では説明をしきれませんね。

今日の段階では、未来の方向は統合へ向かっているという考えがあるのだということを頭の隅に入れておいていただければ幸いです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
企業家のみなさん、現代の社会を支えているのは、
企業であり、企業家です。
あなたの経営する事業のサービスや製品が
人々に潤いを与え、雇用を生み出しています。
現代の光は企業家です。
ぜひ一度お会いしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



2022年02月01日
  1. 時代の流れは「統合」の方へ向かっている(02/01)