fc2ブログ


タイトル画像

Disney+「ザ・ビートルズ:Get Back」の感想 その2

2021.12.13(12:39) 2615



前回のブログに引き続き、Disney+『ザ・ビートルズ:Get Back』の感想を少し具体的に書きたいと思います。

まず、この「ゲットバック」を観て一番に感じたのは、アルバム「レットイットビー」の制作の頃のザ・ビートルズのメンバーは、「若くして世界の頂点に立った若者」、しかも天才たちが、”自分たちのエゴをぶつけ合っていただけ”で、私が考えるような「仲が悪いメンバー」ではなかったということですね。

昔に制作された映画『レットイットビー』を観ていた感じでは、ポールマッカートニーがジョンレノンに熱心に話しかけるも、ジョンは右から左に話を聞き流し、まったくやる気がないように思えました。

でも、実際にはジョンもポールに意見を言っていましたし、二人だけできちんと話し合いをしています。また、ジョンは多少ダラダラとリハーサルをやっている面も確かにありましたが、ドラッグのせいか気分屋のせいかで安定していないだけで、ビートルズのメンバーと演奏することは楽しんでいたように感じました。

また、ジョージハリソンもポールからいろいろと注文を付けられたり、自分の新曲をメンバーがきちんと聞いてくれないというフラストレーションを持っていたりしましたけど、一般的な日本人が感じるような(説明が難しい笑)、陰湿な仲の悪さではないと思いました。

この頃のポール、というか、『リボルバー』からのポールは”才能の頂点のような時期”だったので、他人の演奏、アレンジ、曲のアラがよく分かったでしょうし、「こうしたらもっと良くなる」というのが如実に見えていたのでしょう。だからいろいろと口をはさんでしまった。

そして一方のジョージも、急激に成長しはじめていたところだったので自尊心が高くなり、ポールとの間にギャップが生じてしまったのでしょうね。

多少難しく書いてしまいましたが、普通に「人間なら誰しもあるような話があっただけ」ということですね。


それから、気づいた第二点は、グループには意見を言ってくれる第三者が必要だということです。

「ゲットバック」には、元ザ・ビートルズのマネージャーであるブライアンエプスタインことが出てきます。

ポールだったと思いますけど、「僕らには父親のように”それはダメだ”と言ってくれる存在が必要なんだ」という意味のことを言っていました。その父親のように叱ってくれる役割をブライアンエプスタインが担っていたのですよね。

そうした存在がいなくなると、グループの規律はなくなり、結局誰にとってもプラスにならないのです。

確固とした一人のリーダーがいるグループならそれでまとまるでしょう。

しかし、グループに複数のリーダーがいるようなところでは、きちんと意見を言ってくれる第三者が必要だということですね。


長くなりましたので、続きは次回に。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。
愛を前提にした「企業家社会」を作っていきたいと思っています。

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

Disney+「ザ・ビートルズ:Get Back」の感想 その3

2021.12.16(14:45) 2616



前回のブログに続き、Disney+『ザ・ビートルズ:Get Back』の感想を書きたいと思います。(少しネタバレになります)

前回では、グループには意見を言ってくれる第三者が必要だということを書きました。

「ザ・ビートルズ:ゲットバック」では、ビートルズのメンバーが同じ曲をリハーサルしているのを、周りにいる人が、別の曲をするようにアドバイスしています。

同じ曲を何度も演奏すると質が落ちるから、いろいろな曲を次々に練習した方がよい演奏ができるということですね。

ビートルズのメンバーは、同じ曲を繰り返して練習する方法を取っていましたが、周りからすれば曲を変えた方が飽きないし、よい演奏ができるのが分かったのでしょうね。

周りや第三者は、どうしたらいいかを簡単に気づくことがあります。意見をいってくれる人を持つことは大切です。


それから、気づいた3点目は、オノヨーコさんがザ・ビートルズの解散の原因ではないことが改めて分かったことですね。

「ザ・ビートルズ:ゲットバック」の中でも、ポールマッカートニーが、ビートルズの解散理由がヨーコさんになったらお笑いだということを話して否定していました。

また、昔の映画「レットイットビー」ではヨーコさんを暗く映していましたけど、この「Get Back」では、ジョンの横にいつも座っていますけど、わきまえておられる印象で、メンバーの話し合いに口をはさむこともなく、演奏の邪魔をすることもなく、暗いという印象もなく、ジョンを見守っているという感じでした。

まぁ、ビートルズの解散理由はヨーコさんではないというのが少し前からの普通の見解でしょうが、改めてヨーコさんは原因ではなかったことがわかる映画でした。


Disney+「ザ・ビートルズ:Get Back」は、Part1からPart3まで長時間の映画になっています。

ビートルズファンでないとなかなか全部を見れないかもしれませんが、こうした記録を撮っていたことは、人類にとっての宝物であり、ビートルズファンにとっては奇跡のような映画です(笑)。

この映画を観れたことは本当に幸せでした。ピータージャクソン監督には感謝ですね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。
愛を前提にした「企業家社会」を作っていきたいと思っています。

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

今年、大きな悩みがすべてなくなっていた

2021.12.26(16:48) 2617

昨日はクリスマスでしたね。令和3年、2021年ももうすぐ終わります。

みなさまはどのような1年でしたでしょうか?

私は先日”気づき”があったのですが、今年になって大きな悩みがなくなっていたのです。

誰でも何らかの大きな悩みはありますよね?

例えば、お金の問題です。お金に関する不安はないでしょうか?

あるいは、子供の問題や夫婦の問題など、家庭や家族に関係する何らかのトラブルや悩み。

または、健康の問題や仕事の問題。

人によっては、自分が何の仕事をすればいいのかわからないといった、人生や仕事の方向性に迷っている問題もあるでしょう。

その他、職場の人間関係の問題もあると思います。

私も健康問題以外はいろいろとかかえてきました。

でも、今年になって、そうした問題はすべて無くなっているのに気づいたのです。

物心がついて、こうした悩みがない状態は初めてではないかなと思います。


現実的には、娘が漫画家として成功しだしたことが大きいですし、いろいろな方々のご支援があったから、今の状態になったのだと思います。

ただし、もう一つ大事なことは、起きていることをすべて受け入れるようにしたことです。

自分の周りに起きていることはすべて必要があって生じていることであって、無駄なものは一つもないと思うようにしたのです。

また、自分の感情をながめるようにしました。ときどきに、自分がどういう感情になっているのかを見るようにしたのです。

まだまだ不十分ではありますが、マインドセット(思い込み)を外していっているところです。

まぁ、そうしたことをしていましたら、思い通りにことが進み、苦しいことや悩みがなくなっていました。

かっこつけるわけではなく、自分の悩みがなくなった分、もっとプラスの部分、人のお役に立つ部分を増やしていくことが今後の課題です。

といっても、誰もかれも助けるということではありません。

付き合うべき人と、接点を持っていきたいと思っています。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。
愛を前提にした「企業家社会」を作っていきたいと思っています。

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

悩みがなくなっていくと、どんな感じか?

2021.12.28(16:51) 2618

前回のブログで、「今年は大きな悩みがすべてなくなっていた」ということを書きました。

悩みがなくなっていくと、喜びが爆発するような感じになるかといいますと、そういうものではありません。

気づいたら、自分が希望していたことが実現していたという感覚で、すごく嬉しいというものではなく、「まぁ、そうなのかな」という感覚に近いです。

不思議なのですが、そんな嬉しい感じではなく、心が平安で、奥の方にじんわりと幸せ感があるようなものですかね。

少なくとも「やったー!」という感覚はないですね(笑)。

こういうことをお話しますと、人間的な感覚が薄れているのですかと(笑)、誤解を招きかねないのですが、腹が立つこともありますし、嫌なこともあります。

まぁ、大きく一喜一憂しないということですかね。

ただ大きく一喜一憂しないですけど、食べたいものや飲みたいものを、食べたり飲んだりしていますので、日常のちょっとしたときにじわっと幸せな感覚がありますね(かといって、暴飲暴食はしませんね)。

お客様のご都合やスケジュールに合わせることはありますけど、普段何かにコントロールされていることはありませんから、楽ですね。

かといって、毎日怠惰に生きているわけではありません。今日も会社の経理の仕事をしましたし、本を1冊読みました。ブログも書いています。朝はゴミを集配場所まで出しました(笑)。

だから、自由で、好きなように生きていいのですけど、自然と悪い方への生き方をしなくて、良い方への生き方をしていくという感じです。

ちょっと散文的に書いてしまいましたので分かりにくかったのかもしれません。また機会があったら、改めて書いてみたいと思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。
愛を前提にした「企業家社会」を作っていきたいと思っています。

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

今年出会った人を見れば、今年がどういった年だったのかがわかる

2021.12.30(13:06) 2619

2021年、令和3年も明日は大みそかです。みなさん、今年は充実した1年でしたでしょうか?

1年を振り返る方法の一つとして、「あなたが出会った人」を見るものがあります。

”出会い”といっても、結婚相手のパートナーという意味だけではなく、お客様、上司、友人など”広い意味での出会い”です。

今年出会った人の中に、「自分を向上させてくれる人、自分を伸ばすきっかけを与えてくれる人」などがいた人は良い年だったでしょうし、あなたの心境も良かったのではないでしょうか。

「人生を好転させてくれるきっかけを与えてくれる人」のことを”貴人”(きじん)といいますが、貴人と出会えた人は良い年でしたね。

逆に、そうした貴人に出会うこともなく、昨年と同じような人との付き合いだけだった人は、運気が停滞していた1年だったのかもしれません。

あなたが今年出会った人は、あなたの心の反映です。

それゆえ、「良い人に出会えた」ということであったのなら、良い心境だったのでしょうし、「良い人に出会えなかった」というのなら、あまり良い心境ではなかったのではないかと推測されます。

まぁ、良い人に出会えなかった人も、今年はあと2日ですし、来年に素晴らしい人、貴人に出会えるようにすればよいだけです。

貴人との出会い方は、来年にでもブログに書こうと思います。


では、みなさん、2021年も「古賀光昭のブログ 世界を変える若き企業家たちへ」の応援、ありがとうございます。

新年がみなさんにとって輝かしい年になることを祈念しております。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。
愛を前提にした「企業家社会」を作っていきたいと思っています。

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



2021年12月
  1. Disney+「ザ・ビートルズ:Get Back」の感想 その2(12/13)
  2. Disney+「ザ・ビートルズ:Get Back」の感想 その3(12/16)
  3. 今年、大きな悩みがすべてなくなっていた(12/26)
  4. 悩みがなくなっていくと、どんな感じか?(12/28)
  5. 今年出会った人を見れば、今年がどういった年だったのかがわかる(12/30)
前のページ
前のページ