fc2ブログ


タイトル画像

部下になめられたらいけない

2021.10.29(22:32) 2592

今日のデイリースポーツの記事からですが、阪神タイガースのマルテ選手が8月末に2軍にいるときにトレードを要求していたことが書かれていました。

阪神外国人8人制の功罪

マルテ選手からすれば、球団がオリンピック期間に帰国を許可してくれて帰国し、その後日本に帰ってきたら2軍暮らしになったということで、調子はいいのに納得できないということだったのでしょう。

そこで矢野監督がマルテ選手と話し合いをしているのですが、その内容は当然のことながら外に漏れてきていません。

その後のマルテ選手の起用を見る限り、1軍で使い続けるということを約束したのかもしれませんね。

しかし、マルテ選手はSNSに不満を書いていましたし、トレードをちらつかせた時点で、矢野監督は毅然とした態度を取るべきだったと思います。

具体的に言えば、「ボスは俺だ。1軍にあげるタイミングはボスの俺が決める。俺の言うことを聞けないのなら、ずっと2軍にいてくれ。トレードが希望なら、今シーズンが終わってからやる」というように、誰が人事を決定するのかをはっきりと伝えるべきでした。

マルテ選手がいなくなったら、戦力が落ちて困るというのは分かります。

でも、上にいる人、監督はなめられたらいかんのですよ、選手に。

会社も同じです。

パワハラはいけませんけど、部下になめられたらいけないのです。

部下になめられて、そのままにしておくと組織はおかしくなります。

部下の仕事ぶりをリスペクトするのも必要ですし、感謝も必要です。

しかし、上司を軽く見る人を重用してはいけません。

上司を軽く見る人を重用すれば、組織の文化はダメになると思ってください。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



2021年10月29日
  1. 部下になめられたらいけない(10/29)