fc2ブログ


タイトル画像

9月の成績を見れば阪神タイガースが抜け出そうとしているのが分かる

2021.09.18(23:04) 2577

久しぶりに阪神タイガースの話題を書きます(笑)。

今日はデーゲームで阪神タイガースが中日ドラゴンズに勝利しました。高橋遥人投手が大野雄大投手に投げ勝つ形で、1対0の僅差を逃げ切りました。

そして、ナイターでは、読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズの試合をNHKの地上波が放送していました。

解説が宮本慎也氏と藤川球児氏だったので、ちょこっと見ていますと、セ・リーグのペナントレースの行方は全く分からないということを二人とも言っていましたね。

確かにセ・リーグは混戦していて、どのチームも決め手に欠けているというか、抜け出しそうにありません。

ただし、9月のデータを見ると面白いものが見えます。

● 9月の成績 (9月18日終了時点)

阪神タイガース       7勝 4敗 2引き分け
東京ヤクルトスワローズ  6勝 6敗 3引き分け
読売ジャイアンツ      3勝 8敗 4引き分け

こうして見ますと、阪神タイガースが断トツに数字が良いことが分かります(笑)。

阪神タイガースは佐藤輝明選手がファームに行ったり、サンズ選手が全然打たないので、打線に迫力がなくなっています。

それゆえ、打ち勝っている印象がなく、直近のヤクルト戦で1勝3敗1引き分けと負け越していますから、印象が悪いのでしょう。

しかし、数字を見ますときちんと貯金を殖やしているのですよね。

また、矢野監督はピッチャーに無理をさせていません。中継ぎも無理をさせていませんし、負ける試合を上手に負けて、岩崎投手とスアレス投手を勝ち試合と引き分け試合に厳選して使っています。

ヤクルトは今日が10連戦の2試合目です。阪神タイガースや読売ジャイアンツには10連戦はありません。

おそらくヤクルトスワローズの投手陣は疲弊して、10月はもたないと私は見ています。今のジャイアンツの中継ぎ投手陣に起きていることがヤクルトにもこの10連戦で見えてくるのではないでしょうか。

今年は阪神タイガースの優勝で決まりました(笑)。

サンズ選手の調子が戻らないようなら、アルカンタラ投手と入れ替えるといいですね。中継ぎをあと1人補強すれば、大丈夫でしょう。

佐藤輝明選手はサンズ選手と入れ替えるタイミングで1軍に上げればいいと思います。

ラストスパートと言っても、30試合を毎日投げられる中継ぎ投手はいません。手堅い野球をし、負けない試合をすることですね。

手堅い野球を続ければ、必ず阪神タイガースは優勝できます!


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



2021年09月18日
  1. 9月の成績を見れば阪神タイガースが抜け出そうとしているのが分かる(09/18)