fc2ブログ


タイトル画像

元日本ハム、中田翔選手の件

2021.08.24(22:40) 2567


『北斗の拳』(武論尊、原哲夫 集英社)より

元日本ハムファイターズの中田翔選手の暴力とその後の巨人(読売ジャイアンツ)への無償トレードに関連して、ネット上でたくさんの批判が出ています。

この件については、中田翔選手本人以外にも「NPB」(特にコミッショナー)や、「日本ハム」(特に栗山監督)、そして巨人(特に原監督)に関して疑問符がつくことが色々あります。

ただ、すべての問題をここで書いても仕方がないので、今日は”暴力”についてだけ書こうと思います。

中田翔選手は日頃から、チーム内の選手に対し”いじり”ということをしていたようですね。

中田氏は、いじられている人も楽しんでいると思っていたのでしょうか?いじられる側は、決して楽しいことではないでしょうし、嫌がっていたと思います。

”いじり”も暴力の一つでしょう。

漫画『北斗の拳』でモヒカンのモブザコが弱い人をいたぶり面白がっているシーンがあります。私は”いじり”というのは、そのモヒカンたちがやっていることと同じだと思うのです。

弱い人は何もしかえすことができず、周りは見てみぬふりをしてゲラゲラ笑い、執拗に嫌がらせるをする。それが”いじり”でしょう。いじめですね。

中田氏のように30歳を過ぎた大の大人がまだそんなことをしているのかと思いますが、おそらく他のチームでもやっていることだと推測します。

プロ野球OBのYouTubeを見ると、昔のプロ野球界では普通に暴力が振るわれていたと聞いていますので、一般人とは暴力の感覚が違うのかなと思います。

つまり、「自分たちも殴られてきたし、逆に殴ってもきた」から、暴力はいけないと口では言いながら、内心は「大げさに騒ぎすぎ」くらいに思っているのかもしれません。

そのあたりの内面は実際のところ分かりませんし、暴力に対する感覚には個人差があることでしょう。

しかし、暴力やいじめについては、現役のプロ野球選手だけではなく、OBも正しい見解をもってもらいたいと願っています。


現在ただいまにも暴力やいじめで苦しんでいる人が会社や学校にはたくさんいると思います。

プロ野球選手やOBの方のような影響力のある人たちが、本心から「暴力はいけない。いじめは決してしてはいけない」と言ってくれれば、世の中に良い影響を与えます。

それゆえに、原監督は謹慎期間が9日間しかしていない中田氏をすぐに使うべきではなかったのです。多くの人が嫌な感情をもったでしょう。


とにかく、自分より立場や力の弱い者に対し暴力を振るうなんて最低ですよ!

そんなことをする人は、『北斗の拳』の”あのモブザコのモヒカン”と一緒です。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

今後9.11のようなことが起きても不思議ではない

2021.08.28(13:40) 2568

アフガニスタンの国際空港周辺で自爆テロが起きました。犯行声明を出したのは、イスラム国(IS)です。

アメリカは無人機による報復攻撃をしたという報道がありました。

たぶん、報復をしているというアピールくらいのもので、ISに対して大した被害は出ていないでしょう。

アフガニスタンではたくさんの人が取り残されていますから、日本人を含め、人質の問題が出るのではないでしょうか。

今回、自衛隊が邦人と協力者の保護のためにアフガニスタンへ行っています。しかしながら、アフガニスタンの空港以外では活動ができない状態になっています。

これは、自衛隊の作戦が悪いということではなく、戦後そのままにして続けた日本国憲法の不備が原因です。要するに、日本国憲法とそれに基づく自衛隊法の法律的な不備が原因なのです。

日本国憲法は外国にいる邦人を救出できたり、守ったりできるような法になっていないことを日本国民は知るべきでしょう(日本でロックダウンできないのも、日本国憲法の欠陥です)。

それにしても、ISが再び力をもって、アメリカや欧米にテロを仕掛けるかもしれません。9.11のようなことが起きても不思議ではないですね。

アメリカは内戦の可能性も高いですし、コロナもあるので多くの人が集まるところはしばらく避けた方がいいかなと思います。テロの標的になりやすいところには近づかないことですね。

世界で色々なことが起きていますが、コロナはおそらく中国の武漢の研究所で作られた生物兵器だと思います。そして、それにアメリカも何らかの関与をしているかもしれません。


疫病、水害。それによる世界的な食糧危機。テロや戦争。

現在は既に有事の状態ですし、今後は更なる危機が迫っているというのに、”SDGs”だとか、”脱炭素”だとか、”LGBTQ”だとかを、やたらマスコミ(特に日経新聞やNHK)、政府、自治体、経団連や企業がよく発信しているのが妙な気がして仕方ありません。

経営資源や戦力は集中することによって成果をあげます。

本来ならコロナに戦力を集中して真っ先に解決しなければいけないにも関わらず、平時に解決すべき問題をしきりに強調しているところがとても変な気がしています。

本当は別のところに問題の”本質”があるのだけれども、それをぼやかすために、環境やマイノリティの救済をやたらと強調しているのかもしれませんね。

日本ではコロナによって昨年度自殺者が増えました。非正規雇用の女性の生活苦や児童虐待など、問題が山積しています。

地球も苦しんでいるのかもしれませんが、日本でも頑張っていても苦しい人は現実にたくさんいるわけです。

プラスチックゴミだとか、レジ袋とか、そんな環境問題の前に、優先して解決すべきことはあると私は思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

美を感じると脳が元気になる

2021.08.30(21:14) 2569



神経美学という学問があるそうです。

その研究によると、人間の脳には生存本能だけではなく、人として品性を高めて豊かに生き、他者とのつながりを喜ぶ”高次の脳”が備わっているそうです。
(今日の記事は、サントリーウエルネスが発行している『美感遊創』228号を参考にしました。「神経美学」については、下記の本を参照してください)




美しいものをみたり(美しい風景や絵を見るなど)、美しいものを聴いたり(美しい音楽を聴く)すると、脳の前頭葉の底のほうにある部位が活性化することが分かっているそうです。

そして、この部位は、脳内の”快・報酬系”といわれる情報伝達の神経回路にあり、「またやろう」という意欲を誘う脳内システムの一部だそうです。

それゆえ、芸術鑑賞などで「美」を感じることは、「またやろう」という前向きな脳を育てる習慣にもなるらしいです。

美しいものを見たり、聞いたりすることは、脳が元気になり、生きる活力を引き寄せてくれるのですね。

女性がイケメンにキャーキャーいうのも、悪いことではないのですね(笑)。

「最近、元気がないなぁ」と思う人は、美しい景色や絵画や芸術作品を鑑賞したり、美しい音楽を聴いたりするといいですね!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



2021年08月
  1. 元日本ハム、中田翔選手の件(08/24)
  2. 今後9.11のようなことが起きても不思議ではない(08/28)
  3. 美を感じると脳が元気になる(08/30)
前のページ
前のページ