fc2ブログ


タイトル画像

ゾンビ企業は儲かる企業へと体質を変えよ

2021.05.08(13:30) 2528



私の好きなゲームに「バイオハザード」というシリーズがあります。若い方の中には「バイオハザード」がゲームではなく、元々は映画だったのではないかという誤解があるようですが、初代プレイステーションで登場した人気のアクション・アドベンチャーゲームです。

「バイオハザード」では、プレイヤーは”ゾンビ”や悪の組織が作った”クリーチャー”を倒してゲームを進めて行きます。

ゾンビといえば、”ゾンビ企業”という言葉をご存知でしょうか?

ゾンビ企業というのは、本来ならとっくに倒産しているのですが、銀行や政府機関の支援によって存続している会社のことです。

昨年の前半に私はブログにて「今回のコロナが作る不況はリーマンショックをはるかに超えるものだ」と言ってきました。

ただし、想定よりも倒産する企業が少なかったのは、政府が金融機関に積極的に融資をするようにしたことと、雇用調整助成金や持続化給付金などの助成をしたことなどの、財政出動をしたからです。

新聞の論説などでは、大量の財政出動をしていることを批判する論調があります。「将来の世代にツケ(負債)を残している」だとか、「国が破綻する」だとか、「ハイパーインフレが起きる」だとか、いろいろなことを言っている学者や専門家がいましたが、ハイパーインフレは言うに及ばず、インフレすら起きていません(笑)。

日本の国債の金利も安定しています。今の日本では100兆円の国債を増やそうが、全く影響はないようですよ(笑)。政府が財政を拡張しても市場は混乱しないことが証明されたということです。

そうして政府の支援によってゾンビ企業が増えることになったわけですが、もし政府が財政出動を全くしなかったとしたら、市場は大混乱し、倒産数は何十倍になり、多くの人が職を失って、未曾有の大惨事が起きていたことでしょう。

そんなことが起きていたら、ゾンビ企業を批判していた学者や専門家も職を失ったかもしれません。ワクチン接種が遅いという批判はありますが、政府の企業への支援については0点ではなく、及第点ではあると思います。

ただしですね、今回のような政府の支援は”有事の例外事項”だと思う方がいいのです。こうした政府の支援によって企業が成り立つというのは、中国のような統制経済の道ですからね。

企業は政府に生殺与奪の権を握られてはダメですよ。あくまで社長の指揮のもと、営業利益をあげる体質にしなければいけないんです。

「来年から日本は高度成長期が始まるような経済復活をする」と私は見ています。

企業は今から強い体質の企業になってください。今年を耐えれば、次の発展期を迎えることができます。

頑張って行きましょう!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



2021年05月08日
  1. ゾンビ企業は儲かる企業へと体質を変えよ(05/08)