fc2ブログ


タイトル画像

粗利の前に、マーケット思考、お客様の視点です。

2020.10.15(22:52) 2445



武漢コロナ(新型コロナウイルス)によって、売上が2割も、3割も減っている会社は多いかと思います。

売上が減ると、なんとか粗利を今まで通りにしようと考えて、原価を下げる経営者も多いでしょうね。

しかし、これも要注意ですよ。特に飲食店は要注意です。

それは何かと言いますと、原価を安くしようとして、今までより食材の質を落とすと味が落ちるからです。

味が悪くなったら、お客様はすぐに分かるので、行かなくなります。

そうしたら、今は粗利が出ていても、そのうち売上がさらに減り、結局うまくいかなくなります。

私も「キャッシュフローが大事だ」と言いますし、「粗利に注目してください」と言います。

でも、キャッシュフローや粗利を見ていても、お客様を見ていなかったら、結局はお金が尽きたとき、潰れるのです。

粗利の前に、マーケット思考、お客様の視点を忘れてはいけません。

キャッシュフロー指導を推奨しているコンサルタントや税理士は、「原価低減やコストダウン」をアドバイスするかもしれません。

しかしですね、お客様に逃げられたら終わりなのですよ。

粗利の前に、マーケット思考です。お客様を見てください。お客様の喜ばないサービス(飲食店なら味など)をやっていたら、手痛いしっぺ返しをくらうでしょう。

「売上が下がっている、じゃあ、原価を下げよう!」 気持ちは分かります。

でも、美味しくない料理、美味しくない飲み物、美味しくないコーヒー、悪いサービス、良くない製品を提供していたら、お客様が離れますよ。

お客様に支持されない製品、料理、飲み物、サービスではダメなのだということを忘れないでください。

コロナで苦しい時期だからこそ、お客様に喜ばれるサービス、商売をしてください。

「お客様の心を明るくしてやるぞ!」という気持ちをもつくらいの気概をもってくださいね。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



2020年10月15日
  1. 粗利の前に、マーケット思考、お客様の視点です。(10/15)