fc2ブログ


タイトル画像

あなたの志は何ですか?

2020.07.17(22:45) 2420



若い頃に理想に燃えて輝いていた人のほとんどは、40歳を過ぎる頃には”ただのおじさん”になっていきます。

”ただのおじさん”というのは、仕事で成功していない人だという意味ではありません。

そういうのじゃないんです。

世間的に成功しているように見えている人でも、輝いているようなフリをしている”ただのおじさん”の方が多いでしょう。

若い頃は、あんなに輝いて、光っていたのに、どうしてしまったんだろうという人を、私はたくさん見てきました。

漢(おとこ)が、”ただのおっちゃん”になるのはなぜかと考えると、おそらく、若い頃に志(こころざし)がきちんと立っていなかったんだろうと思うのです。

志を立てるというのは、言葉で言うような簡単なものではありません。

ほとんどの人は、志を立てた気になっていますが、実際には「思い込んでいるだけ」です。

志を立てていない男性の特徴は、妥協して生きていることです。

言葉を代えると、「自分に嘘をついて生きている」のですね。

だから、自分に嘘をついているから、そんな自分が嫌になり、そのネガティブな思いが心に溜まっていって、日に日に”ただのおっちゃん”になっていくわけです。


志は、人から与えられるものではありません。

自分で発見し、立て、掲げるものです。

あなたの志は何ですか?

あるいは、あなたの志は何だったのですか?


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

大きなビジョンを持つ

2020.07.24(23:25) 2421



先日、マネジメントセミナーの講師を行ったとき、最初に勝海舟と坂本龍馬の出会いの話をしました。

勝海舟と坂本龍馬が出会ったのは、1862年です。

その時に、勝海舟は坂本龍馬に日本国の国防のために、日本の海を6つに分け、6艦隊をつくり、軍艦等を270艘を浮かべる構想を話します。

その頃は徳川幕府の治世であり、コメが税金のような農業国家の時代です。

そういう時代に、勝海舟は大きなビジョンを持っていたのですね。

そして、坂本龍馬はたった5年後の1867年に大政奉還を実現します。その翌年が明治維新なので、勝海舟と坂本龍馬が出会って5年で明治維新が起きているのです(すべてが勝と龍馬の功績という意味ではありませんが、二人が大きな働きをしたということです)。

また、日露戦争は1904年です。勝が構想した近代国家に日本はなり、約30年で大国ロシアに勝てる国までなっています。


ところで、勝海舟は、近代国家のビジョンを坂本龍馬に話す前に、幕府へ献策していました。

しかし、幕府はお金がないという理由で勝の構想を採用しません。

ところが、勝は面白い男で、お金がなければ船(軍艦ですが)を造り、その船で貿易をして稼げばいいと考えます。

ビジョンを掲げたら、それを実現できる方策を立て、行動するという思考パターンですね。

これが大事です。

ですから、最初のビジョンが小さいと、それよりも小さなものしか実現しないので、まず大きなビジョンを持つことがポイントなのです。

< 続く >



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

ビジョンは志だ

2020.07.25(19:49) 2422



昨日のブログで、勝海舟と坂本龍馬の出会いのことを書きました。その中で、大きなビジョンを持つことの大切さを述べました。

私はマネジメントセミナーでも申し上げたのですが、ビジョンは”志”(こころざし)だと思っています。

その人が描くビジョンは、その人の志と同じなのですね。

ビジョンが小さいということは志も小さいということになりますし、ビジョンが大きいということは志も大きいということです。


それと、「あれは勝海舟だからできたこと。」だとか、「坂本龍馬のような偉人だからできたこと。」と、大きなビジョンを持った人を冷めた目で見てはいけません。

彼らも同じ人間です。

同じ日本人です。

彼らは、大きなビジョンを描き、それを実現するためには何をしたら良いかを考えて、それを実行していっただけなのです。

ただし、彼らはそのことに対し、命をかけていました。


さて、誰がやっても、簡単に物事は進まないことはあります。

誰でも挫折や失敗もたくさんすると思います。

ビジョンを目指す坂の途中で、みな嫌な思いや、苦しい思いも持ちますよ。

あきらめたくなるようなことは、何度も襲ってくるでしょうね。



それでも、前に進みましょうよ。

坂の上を見続けて、

一歩足を出して、

前へ進みましょう。

あなたの勇気を見た人が、必ずあとに続くはずです。




  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



2020年07月
  1. あなたの志は何ですか?(07/17)
  2. 大きなビジョンを持つ(07/24)
  3. ビジョンは志だ(07/25)
前のページ
前のページ