FC2ブログ


タイトル画像

『鬼滅の刃』、新しい時代を創る作品

2020.03.02(17:04) 2341

鬼滅の刃

最近、新型コロナウイルスのことばかりをブログに書いていまして、たまには違うこと書こうと思います。

『鬼滅の刃』(きめつのやいば)という週刊少年ジャンプの作品を御存じでしょうか?

作者は、吾峠呼世晴(ごとうげ こよはる)さんという方です。私は、週刊少年ジャンプの漫画は全く読んでいないのですけど、アニメの第一部はアマゾンプライムにあったので、休日に少しずつ観て、昨日第一部を観終わりました。

この『鬼滅の刃』は小学生に大人気で、単行本が4000万部を超える作品だそうです。

私は、『鬼滅の刃』のアニメを観て、「新しい時代を創る作品が出て来たなぁ」と思ったのです。

このアニメでは、日本では使い古された言葉が出てきます。

例えば、「そんなものは男ではない!」と言ったり、「長男だから我慢できるけど」と言ったり、なかなか最近では聞かないようなセリフがバーン!と出てきます。

あるいは、この物語の底辺にあるのは、家族への愛と信頼なんですよね。家族を大切にする思いだとか、家族を守る気持ちが全面に出ています。

そして、家族への愛だけではなく、他の人への慈しみ、敵に対する慈しみにまでつながっています。

ただ単に悪い鬼を倒すという話ではなく、鬼になってしまった人への慈しみがあるアニメなのです。

こうした漫画やアニメが小学生に大人気になっているということは、小学生に対し必ず影響を与えますので、今の小学生の勇気や正義の基準になっていくように思います。私たちの世代が『巨人の星』や『タイガーマスク』に影響を受けたように(笑)。

残酷な描写もありますけど、それ以上に深みのある作品です。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
今年からコンサルティング料を無料にしました。
現代は世界が危機にある時です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。
経営をしていることに誇りを持ってください!

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



2020年03月02日
  1. 『鬼滅の刃』、新しい時代を創る作品(03/02)