FC2ブログ


タイトル画像

人生の幕を閉じるときに一緒にもっていけるもの

2019.03.20(23:07) 2219



最近読んだ本に『愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ』(金城幸政著、廣済堂出版)というのがあります。
とても良い内容の本でした。

その中でスティーブ・ジョブズが亡くなる前に遺した言葉が書かれています。亡くなる前だということがポイントです。少し引用しますね。



ーーー 引用

私(スティーブ・ジョブズ)は、ビジネスの世界で成功の頂点に君臨した。他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、仕事を除くと、喜びが少ない人生だった。人生の終わりには、富など私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
(中略)
私が勝ちえた富は、私が死ぬときに一緒に持っていけるものではない。私が持っていけるものは、愛情にあふれた思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力を与えてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。
(中略)
あなたの人生がどんなステージにあったとしても、誰もがいつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。あなたの家族のために愛情を大切にしてください。あなたのパートナーのために、あなたの友人のために。
そして、自分を丁寧に扱ってあげてください。ほかの人を大切にしてください。

ーーー 引用終わり


私はこのブログで、世界を変える若き起業家の人たちへメッセージを書いています。その私が、こうしたスティーブ・ジョブズの言葉を紹介するのはおかしいと思われるかもしれません。

仕事は大切です。起業して社会の問題を解決していくことは尊いことです。お金を稼ぐこともいいでしょう。

しかし、自分が亡くなるときには、一緒に持っていけるものは、心の中に残り続ける思い出だけなのです。

それは、家族や恋人や友人との思い出です。可愛がったペットとの思い出という人もいるでしょう。

それと、思い出には、あなたの生き様もあります。あなたが学んできたこと、経験してきたことの全てです。


そして、あなたが亡くなった後に、あなたの与えた愛が世界に光を残すのです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



2019年03月20日
  1. 人生の幕を閉じるときに一緒にもっていけるもの(03/20)