FC2ブログ

記事一覧

木村拓哉さん主演、映画『マスカレード・ホテル』

先日、娘と一緒に映画に行ってきました。木村拓哉さん主演、『マスカレード・ホテル』です。娘が東野圭吾さんの小説が好きで、今回の映画化は二人で楽しみにしていました。娘に聞いたのですが、私がたまたま買った小説の『マスカレード・ホテル』を娘に「読んでみたら」とあげたのがきっかけで、娘は推理小説が好きになり、東野圭吾さんの本が好きになったそうなんです。だから、『マスカレード・ホテル』は娘にとって個人的に思い...

続きを読む

ブログ第1999回と私の天命(ミッション)

今日のブログが1999回目のブログです(笑)。9が並んでいますね。9は、ザ・ビートルズのジョン・レノンが好きだった数字ですね。私が10代で最も影響を受けた人(グループも一人の人と考えます)は何人かいますが、その中でも大きな存在がザ・ビートルズ(特にジョン・レノン)でした。小学生の頃にザ・ビートルズとは知らずに聴いてはいましたけど、ザ・ビートルズという名前を知り、本格的に聴き出したのは中学生の時でし...

続きを読む

ブログ連載2000回、そしてブログ内容を一新します!

今回のブログが連載2,000回目となります(笑)。2009年5月から書き始めましたので、足掛け約10年で2,000回に達成しました。会社を辞めたのが2009年の5月31日、それから独立をしましたから、今年の6月で独立10周年となります(笑)。この節目の年に、また新たな挑戦をしようと考えました。それは、経営コンサルタントの仕事に「起業家の支援」を加えることです。それもできれば「世界を変えていこうとい...

続きを読む

起業家にとって大切な「国を尊ぶ心」

今日2月11日は紀元節(建国記念日)です。神武天皇の即位日と言われています。私が子供の頃の兵庫県明石市では、祝日に日の丸を掲揚している家が結構ありました。最近は、なかなか見ないですね。ところで、このブログでは、起業しようと思う方へメッセージを書いていきます。私は経営者にとって大切なことは、国を尊ぶ心があることだと思っています。右寄りの意見だと思われるかもしれませんが、愛国心を持っていることが経営者...

続きを読む

「世のため、人のために尽くす」という考え方

起業を考えている若い人には、ぜひとも「世のため、人のために尽くす」という考え方を持っていただきたいです。人間は放っておいたら、「自分のことだけ」を考えてしまいます。自分のことばかりを考える人が集まったら、どうなるでしょうか。ギスギスした、心がすさんだ社会になってしまいますね。しかし、誰かが「世のため、人のため」と思って仕事をすると、社会に光がともります。自分のためだけではなく、他の人のためにも生き...

続きを読む

企業経営の目的とは

起業を考えている若い方や、実際に起業している方には共通して持っていただきたい企業経営の目的があります。その目的とは、事業経営が「人間の幸福を増進するものであること」です。ちょっと固い言葉になって恐縮です(笑)。要は、事業を営むことによって、その結果、人々が幸せになることを目的にすることですね。そして、私は「人間の幸福」とは、二つの要素で考えると良いと思っています。それは、「人間性の向上」と、「安心...

続きを読む

起業家にとっての「着眼大局、着手小局」

私が尊敬する高橋史朗先生から教わった言葉に、「着眼大局、着手小局」というものがあります。これは、「大局観を持ちながらも、着手するときには小さなことをおろそかにせずに身近なことから実行する」という意味だと私は捉えています。この言葉は起業においても当てはまる、とても重要なものです。これを経営に関する言葉に言い換えますと、「壮大なビジョンを掲げよ!しかしながら、目の前の仕事、お客様を大切にして、今日でき...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営思想家であり経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -