FC2ブログ

記事一覧

新井貴浩選手が引退を表明

広島カープの新井貴浩選手が引退を表明しました。新井選手が阪神タイガースに在籍していたとき、東京ドームでのジャイアンツ戦で滞空時間の長いホームランは忘れられません。また阪神タイガースにコーチとして来て金本知憲監督を助けてほしいですけど、もう広島カープ以外は難しいでしょうね。引退会見では、カープ愛に溢れているなぁと思いました。阪神タイガースも選手に愛されるチームになってほしいですね。そのためにはフロン...

続きを読む

アマゾンプライムで『太陽の王子 ホルスの大冒険』を発見!

アマゾンプライムは驚くサービスだということを以前ブログに書きました。最近、改めてアマゾンプライムは凄いなと感心しています。プライムビデオでは、映画やTV番組が見ることができるのですが、今日、『太陽の王子 ホルスの大冒険』を見つけました。この『太陽の王子 ホルスの大冒険』は高畑勲監督の作品で、私が明石市の小学校に行っていたときに、体育館で全校児童に映画として見せられたものでした。 小学校の体育館で...

続きを読む

B・スイートランド著『私はできる』

今日は本の紹介です。ベン・スイートランド著の『私はできる』(桑名一央訳、創元社)です。 この本は、「創造する心」(一般的には潜在意識と言われているものです)をどうやって活用するかが書かれています。ただし、単に活用方法が書かれているのではなく、創造する心についての理論的な説明に説得力があって、私はとても参考になりました。引き寄せの法則や潜在意識の活用方法がよく分からない人には良著だと思います。ちな...

続きを読む

『斎藤一人 俺の人生 すべてが成功する絶対法則』

今日も本の紹介です。斎藤一人さんの最新刊、『斎藤一人 俺の人生』(マキノ出版)です。 「まえがき」に斎藤一人(ひとり)さんが、「今になって人生の残っている時間を意識するようになったんです。もう、「本当のこと」を教えなきゃ、時間がないなって。」と書かれているのですね。「えっ!もしかして、一人さんの遺言のような本なのか!」と思って買いました。でも大丈夫みたいです。同じ「まえがき」に、続いて「でも、そ...

続きを読む

”普通”の評価を無くす

人事評価には、定量評価と定性評価があります。定量評価とは、売上や利益など数字で測れる評価です。定性評価は、数字ではない部分で評価をするものです。情意考課やコンピテンシーが代表的なものですね。ところで、定性評価のコツは、「普通」を無くすことです。例えば、5段階評価になっていて、3が真中の普通ですね。おそらく、ほとんどの評価が3になりますよね?3を中心に、2と4がパラパラとあって、1と5を付ける人は少...

続きを読む

お子様ランチの旗は見事なイノベーション

子供のころ、「お子様ランチ」を食べたいなと思ったことはありませんか?(笑)私はお子様ランチを食べた記憶がないのですけど、料理自体に目新しいものはなく、チキンライスを丸めたものに旗が立っているようなものだと思います。でも、子供って、あの旗が欲しいんですよね(笑)。あの旗を考えた人は凄いと思います。あの旗が欲しくて、お子様ランチを注文するのではないでしょうか(笑)。なんてことのない、ちゃちな旗なのです...

続きを読む

今日は人形町から品川へ

今日は人形町で打ち合わせがありました。東野圭吾さんの小説を映画化した『麒麟の翼』で舞台になった場所ですね。情緒があって、良い町です。その後、品川へ寄って、高校時代の友人と3年ぶりに再会して、食事をしました。ドイツ料理のお店でした。2年ぶりかと思ったんですけど(笑)、時が経つのはあっという間で、「3年ぶりだ」とのことでした(笑)。やっぱり歳が同じだというのはいいもので、分かり合えるところがあります。1...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営思想家であり経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -