FC2ブログ


タイトル画像

苦しい涙

2018.06.01(23:30) 2064

今日は6月1日です。私が独立して丸9年になりました。

言っておきますが、順風満帆とかではないですよ(笑)。それはもう、ここでは言えない恥ずかしいことや苦難の連続でした。

そして、仕事がシンドイときに、家族の問題が重なって、ダブルでのしかかって、よく生きていたと思います(笑)。

「苦しい涙」を流したこともありました。


「苦しい涙」って分かりますでしょうか?

悲しいときに、人は泣きますよね。「悲しい涙」です。

試合に負けたときなどに涙が流れるときがあります。「悔しい涙」です。

ここで私が言っている「苦しい涙」は、自分の境遇が苦しくて嗚咽する涙なのです。

私は苦しいことをずっと我慢して、それを外に出さないようにしていました。家族がいることもあるし、弱音を吐きたくなかったんです。

でも、家族が誰もいない時に、自分の気持ちに正直になって、それを言葉に出したんです。



「苦しいんです。。助けてください。。」って、天に向かって言いました。


そしたら、嗚咽と共に涙があふれて止まらなかったんです。

身体を横にして、うううっと「苦しい涙」を出しながら、「俺は、このまま壊れるのかな」と思いました。。。



ところが、しばらく「苦しい涙」を流していたら、気持ちがスッキリしたんですね。

スッキリしたのと同時に、生きる勇気だとか、もう一度頑張るぞとか、前向きな気持ちが内からグワーッと湧き上がってきたんです。

何とも言えない感覚でした。

そして、凄い有難い気持ちになって、合掌して天に感謝し、今度は「感謝の涙」を流していました。

このことを経験して、なんか強くなった気がします。


今、仕事のことや、子供や夫婦のこととか、親のことやで苦しい人もいらっしゃるでしょう。

我慢して、誰にも言わずに堪えている人も多いと思います。

一度、素直に自分の気持ちを口に出してみてはいかがでしょうか。


苦しみの先に光があることを、きっと気がつかれると思います。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

-----------------

古賀光昭の経営相談



2018年06月01日
  1. 苦しい涙(06/01)