fc2ブログ


タイトル画像

大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!

2018.02.18(21:53) 1978

前回のブログで大河ドラマの「翔ぶが如く」に触れました。

あれは良くできていましたね。あの頃はNHKもちゃんとドラマを作っていたんですね。見たことのない方は、ぜひ一度見られると良いと思います(少し音楽が暗いですけどね)。

西郷隆盛(西田敏行さん)が島津斉彬(加山雄三さん)に出会ってから、月照和尚(野村万之丞さん)と海に身を投げるまでは、毎回泣ける場面がありました。

特に西郷と島津斉彬とのやり取りは何とも言えない感動があります。

極端なことを言いますが、西田敏行さんは、このドラマで西郷隆盛を演じるために生まれてきたのではないかと思うほどです。それほど素晴らしい演技になっています。

また、大久保利通を演じた鹿賀丈史さんもなかな良いんですね。

毅然とした大久保利通を演じてピッタリな感じでした。

その大久保利通ですが、最終的な目的をしっかり持ったら、その達成のために全くブレません。目的を達成するためには権力がいると考えたら、権力を得るために他のことを小事にして、耐えるところは耐え、上に取り入れてもらうための策を講じて徹底した行動を取ります。

戦略的地点を決めたら、すべてをそこに集中させ犠牲をいとわない冷徹な姿勢は軍師的ではありますが、大久保利通にはリーダーとしての資質もありました。

それにしても、「翔ぶが如く」を見ていると、西郷も大久保も苦難の連続です。よく耐えて生き抜いたなと思います。そして、大きな偉業を成し遂げています。

マンガや映画のヒーローは架空の人がいますが、この二人は実在していたというのが凄いです!

偉業と共に、その生きざまが後世に勇気を与える人物ですね!

古賀光昭のビジネス相談



2018年02月18日
  1. 大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!(02/18)