fc2ブログ


タイトル画像

プロ野球選手の四苦、「傷老病死」

2018.02.09(21:47) 1973

プロ野球、阪神タイガースの春季キャンプも第二クールが終わったようです。

新聞やキャンプを伝えるテレビ報道などを見ますと、毎年のことながら新戦力の話題が多く、その賞賛の内容に「あかん、優勝してまう!」(笑)という言葉が出てくる季節でもありますwww

プロ野球は不思議なもので、毎年毎年よい選手が入ってきます。よくこれだけの人材の供給があるなと感心してしまいますね。

ただ、これだけたくさんの新人選手が入ってきて、活躍できる理由は意外なところにあります。

それは、選手が老いることです。

もし、選手の肉体が50年、老いないようになっていたら、すごい選手はずっとレギュラーのままなので、新人が入ってきてもなかなかレギュラーになれません。

ところが、35歳くらいになると年齢的にはっきりと衰えてくるので(まれに35歳以降に生涯最高の成績を上げる人もいますが、それは肉体というよりは、”読み”だとか精神面が成熟しているからでしょう)、プロ野球では早い段階で新陳代謝が起きます。

これによって若い選手にもチャンスが生まれてくるわけです。

仏教では人の苦しみを四苦として表現しています。生老病死(しょうろうびょうし)ですね。

野球では、生(しょう)は「生まれる」ではなく、傷(しょう)、ケガの苦しみと老いる苦しみが代表的な苦しみになりますね。

また、病は病気というよりは、成績が振るわなかったときに叩かれて精神的に参るだとか、不安な毎日を送るだとか、精神的にきつい状態ですね。

そして、死は、現役を引退することになるかと思います。

このようにプロ野球の世界にも苦しみは付きまとっているわけですが、「傷老病死」があるから、毎年新しい選手が入ってきてもチャンスがあるのです。

ある人にとっては苦しみなのですが、別の人にとっては悪い意味ではなく、チャンスを生んでいるのです。

また、その苦しみであっても、次の人生へ行くきっかけになっていますし、魂を磨く機会でもあります。

「生々流転」(じょうじょうるてん。万物が絶えず変化し、移り変わっていくこと)の中で、人は輝いたり、人間性を向上させたりしているのです。

プロ野球界だけでなく人間世界は四苦があり、一見すると苦しみの多い世界だと思えますが、機会という視点から見ると、いろいろな人がキラキラと光れるような仕組みになっているのだと私は思います。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

人生の冬を乗り越える!

2018.02.12(20:12) 1974

立春を過ぎ、ここ数日は日も長くなり、ちょっとだけ春の予感がしてきています。

早目にお風呂に入ったのですが、ふっと心に浮かんだのは、「今年の冬も乗り越えられたな」ということです(笑)。

少し大げさに感じられたかもしれませんけど、私は無事に過ごせるのが当たり前だとは思わないんですね。

たぶん若い頃に、父を交通事故で亡くしているからだと思います。

無事に夏の暑さや冬を越せるのは全く当たり前とは思わないので、「家族全員が無事に立春を迎えることができたな」ということで歓んでいます!


ところで、ちょうど今、人生の冬を迎えている方もいらっしゃるでしょう。

仕事でまさに冬だという方もいると思います。

大変だとは思いますが、何とか冬の時期を耐えて春を迎えてください!

身体がしんどいとか、仕事がうまくいかないとか、そういう冬の時期はあると思いますが、時間を耐えて、運気の流れが変るまで耐えてください。

季節がめぐるように、必ず人生の運気も変わるときが来ます!


私も冬の時期を何度も経験しています(笑)。

経済的な苦しみの冬だとか、子供の問題だとか、親の死だとか、いろいろとありました。

振り返って良かったと思うことは、「やけを起こさなかった」ことですかね。人生そのものを投げ出すようなことをしなかったことでしょうか。

それと、努力することを忘れなかったことも良かったと思います。

失望するようなことが続くと気弱になりがちだと思います。

しかし、どこかのタイミングで失望に対して「負けるか!」というガッツを出すといいですよね!

「倒れるとしても、前のめりに倒れたる!」くらいのガッツを持って、冬の時代を乗り越えていくといいですよね!

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

キリン一番搾りが凄く美味しくなった!

2018.02.13(21:30) 1975

私は普段お酒をほとんど飲まないのですけど、たまにちょっとだけ飲むことがあります。お酒に弱いんですよね(笑)。

2014年の7月にキリンビールが一人負けしている記事をブログに書きました。キリンビールの一人負けの理由は、キリンビールが美味しくないということを書いたものでした。

ところが、最近「キリン一番搾り」の味が変っています。

すごく美味しくなっているのですね。美味しくなったら、それも記事に書かないと不公平かなと思い、今日は書こうと思いました(なお、私はキリンビールから何の利益もいただいていません(笑))。

美味しくなったのは、「キリン一番搾り」で、卵のしずくのような図柄が入ったものです。



これだけ美味しいと思った缶ビールは、アサヒの「スーパードライ」以来ですね。

というより、「スーパードライ」が少し物足りなくなるくらい、「一番搾り」が美味しいですね。

キリンビールが本気を出せば、そういったものが作れるということなのでしょう。

これで思い出したのが、トヨタ自動車です。

私が若い頃、ホンダがプレリュードやシビックを出して、いい車を出していたんです。それに対し、トヨタはさっぱりいい車がない印象でした。

ところが、奥田碩(ひろし)さんが代表取締役社長になってから、トヨタは急に良くなって、いい車を作るようになったんですね。

やはり、資本力や人材のいる会社は、何かのきっかけで変わると、総合力があるので、いい製品を作ることができますね。

たぶん現場に近いところに権限を委譲して、好きにやらせたのではないでしょうか。


今回の「キリン一番搾り」のように、本来あった製品を作り替え、普段お酒を飲まない私のような者にも「美味しい」と言わせてお客様を引き付ける成功例があります。

自社の製品、商品、サービスが過去に成功したままではいけませんね。

過去に成功したものでさえ、改善できる部分がないかを考え続け、新しいお客様をつかんでいくイノベーションや工夫が必要です。

そうしないと競合に負けていくでしょうね。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

本の紹介『ブレイン・プログラミング』

2018.02.15(23:55) 1976

今日は本の紹介です。『ブレイン・プログラミング』という本です。



この本の内容は、引き寄せの法則や光明思想に似ているものです。

「目標を決めれば、それがかなう」という内容なのですが、特徴的なのは、スピリチュアル系が「潜在意識」や「宇宙」という言葉を使うのに対し、著者は「RAS」という脳の仕組みがそれを行うということを書いています。

私はどちらかというと、何でも脳の働きに持っていくのは好きではありません。

しかし、宇宙や潜在意識に懐疑的な方にとっては、「脳の仕組み」によって説明されるこの本の内容は、しっくりくるもにになるかもしれませんね。

読むと前向きになれるハウツーに満ちていますし、著者夫婦の体験談も面白く読めるものになっています。

成功法に興味のある方なら、読んでも損はしないと思いますのでお薦めします。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

薩摩の郷中教育

2018.02.16(23:38) 1977

今、大河ドラマで「西郷どん」(せごどん)をやっていますね。

主人公の西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんは、とても良い雰囲気を持った俳優さんですよね!オーラといいますか、今後の日本映画、テレビ界を背負って立つ俳優さんになるような気がしています。

ところで、「西郷どん」の舞台である薩摩で郷中教育(ごちゅうきょういく)というのがあったのをご存知でしょうか?

郷中とは、方限(ほうぎり)と呼ばれる区割りによる自治組織のことです。

郷中では、青年を稚児(ちご)と二才(にせ)に分けて、武芸や勉学に励みます。

その郷中教育の中心が「知行合一」の精神です。

そして、重視された3項目が、「うそを言うな」、「負けるな」、「弱い者をいじめるな」でした。

どうでしょうか。今の幼稚園や小学校教育でも、この3項目だけでも徹底して守るようにしたら、全然違う教育成果が上がるような気がしませんか?

二才どうしは、二才頭(にせがしら)を中心に熟議して、郷中の問題を解決していました。

だいぶ前の大河ドラマである「翔ぶが如く」では、西田敏行さんの西郷吉之助を中心に薩摩の若者がいつも話し合っていましたけど、ああいうことを普段からやっていたのでしょう。

郷中教育のようなことをやっていたら、陰湿ないじめはないでしょうし、リーダーも育っていくような気がします。

今の学校は知りませんが、少なくとも私が通っていた頃の学校では、精神的な柱を立てるような教育はありませんでした。知識だけを教わったような気がしています。

小学校や中学校では簡単な言葉で、「これだけは守りなさい」というものを教えていくべきだと思います。

例えば、「いじめをするな」、「ありがとうございますとお礼を言う」、「人のせいにするな」、「ねたむな」とかですかね。

日本の教育は失った精神性を取り戻さなければなりません。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!

2018.02.18(21:53) 1978

前回のブログで大河ドラマの「翔ぶが如く」に触れました。

あれは良くできていましたね。あの頃はNHKもちゃんとドラマを作っていたんですね。見たことのない方は、ぜひ一度見られると良いと思います(少し音楽が暗いですけどね)。

西郷隆盛(西田敏行さん)が島津斉彬(加山雄三さん)に出会ってから、月照和尚(野村万之丞さん)と海に身を投げるまでは、毎回泣ける場面がありました。

特に西郷と島津斉彬とのやり取りは何とも言えない感動があります。

極端なことを言いますが、西田敏行さんは、このドラマで西郷隆盛を演じるために生まれてきたのではないかと思うほどです。それほど素晴らしい演技になっています。

また、大久保利通を演じた鹿賀丈史さんもなかな良いんですね。

毅然とした大久保利通を演じてピッタリな感じでした。

その大久保利通ですが、最終的な目的をしっかり持ったら、その達成のために全くブレません。目的を達成するためには権力がいると考えたら、権力を得るために他のことを小事にして、耐えるところは耐え、上に取り入れてもらうための策を講じて徹底した行動を取ります。

戦略的地点を決めたら、すべてをそこに集中させ犠牲をいとわない冷徹な姿勢は軍師的ではありますが、大久保利通にはリーダーとしての資質もありました。

それにしても、「翔ぶが如く」を見ていると、西郷も大久保も苦難の連続です。よく耐えて生き抜いたなと思います。そして、大きな偉業を成し遂げています。

マンガや映画のヒーローは架空の人がいますが、この二人は実在していたというのが凄いです!

偉業と共に、その生きざまが後世に勇気を与える人物ですね!

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

カーリング女子、強豪スウェーデンに勝つ!

2018.02.19(23:55) 1979

オリンピックのカーリング女子の日本対スウェーデン戦をテレビで観戦しました。

素晴らしい試合でした!劇的な逆転勝利でしたね!

私も段々ルールが分かってきて、神経がヒリヒリするような展開でした。

正直、「今日は負けかな」と阪神ファンらしく(笑)、すぐにあきらめていたんですけど、強豪スウェーデンに見事逆転勝利を飾りました!

日本カーリング女子のみなさんは、みなさん可愛らしく、凛々しく、体力的にも精神的にも強かったですね!


ところで、カーリングを見ていて思ったんですが、人間って、ほんといろいろなタイプといいますか、国によって、見比べると全く違いますよね(笑)。

ある意味、同じ人類としてみるのも無理なくらい見た目が違います。

スウェーデンの選手や、ロシアの選手、アメリカの選手、日本の選手、全然違いますもんね。

人体のパーツパターンや部品は決まっているけれども、種類は全く違う者が地球上に無数に存在しているという感じがします。


また、言葉も全然違います。世界でいったい何カ国語あるのでしょうか?数千あると言われていますね。

そうした言葉を誰が発明したのでしょうか。

ポンと生まれてきて、言葉を発明できますか?

文法を考えて、単語を考えて、発音を考えて。そんなことができる天才が各民族に何千人といたということなんですかね。

誰かに教わるか、マネをするかしないと無理だと思います。

地球でそれだけの言語が新たに創造されたというのは、ちょっと考えにくいですね。

では、言語の起源は何なのだということになります。

私には分かりません(笑)。

古賀光昭のビジネス相談



2018年02月
  1. プロ野球選手の四苦、「傷老病死」(02/09)
  2. 人生の冬を乗り越える!(02/12)
  3. キリン一番搾りが凄く美味しくなった!(02/13)
  4. 本の紹介『ブレイン・プログラミング』(02/15)
  5. 薩摩の郷中教育(02/16)
  6. 大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!(02/18)
  7. カーリング女子、強豪スウェーデンに勝つ!(02/19)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ