fc2ブログ


タイトル画像

人事の意向を正しく伝える

2017.12.14(23:46) 1933

さて、前回までお話しましたように、模造紙に部署名を書いた付箋を貼り、その下に適した人の名刺を置いていきますと、場合によっては「置く場所がない名刺」が出てきます。

まぁ、”必ず”というわけではありませんが、大抵の会社ではそういう人がいるのではないでしょうか。

経営トップから見ると、管理職者に向いていないという人材です。

一般職で、管理職者に使われる人だと大きな問題にはなりにくいのですが、管理職者で不適応のな人がいると組織に害をなします。


そうなると、新しい組織で配置する部署がない人をどうすればよいかということになります。

ベターな部署に配置するしかありません。

辞めていただくという方法もありますけれども、そもそもリストラという発想をしてこなかったので、そういう人が管理職者をやっていたと思いますから、辞めてもらう判断をするのは難しいでしょう。

また、辞めてもらうのがベストの判断とも限りません。

その人に本当に適した部署がないかをよく考えてみるべきです。

信頼できる人がいるならば、非公式にその人の強みを聞いてみるのも良いでしょう。ただし、管理職者として適していないならば、一般職になってもらうか、専門職で会社に貢献してもらうかを決めて、それを説得しなければなりません。

人事には時間をしっかりとかけてください。よく考えて、検討した上で人事の決定をしてください。

そして、なぜこうした組織にしたかを、経営トップは管理職者に”個別に”説明をして、その後は全員に経営トップから説明をしてください。

人事の意向を正しく伝えないと、会社がバラバラになります。

人事の結果に社員は納得はしないかもしれませんが、理解をしてもらう必要はあります。

組織の改善には誰かの不満などはつきものです。

経営トップは信念を持って、改善する理由とビジョンを説明し、より良い会社に導いてください。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

AIの時代到来にどうすればよいか

2017.12.15(23:51) 1934

AI(人工知能)の時代が迫ってきています。

みなさまも、AIによって失われる仕事のことはよく聞かれたり、見られたりしているでしょう。

人間がする仕事のほとんどはAIにとって代わられると言われています。

しかし、実際のところは未来にならないと分からないでしょうね。未来というと不特定なので、20年後くらいにしましょう。

20年後の2037年に、現在言われている以上にAIが人間の仕事を奪っているかもしれないし、反対に思ったよりもAIが仕事を代わりにしていないかもしれません。

ただし、50歳の人でも20年後は70歳であり、おそらく75歳くらいまでは働かなければいけない時代を考えると、50歳以下の人には考慮すべき問題だと思われます。

パッと思いつくのは、税理士の代わりをしてくれるAIでしょうか。仕訳をして税務申告書を作成する仕事は、近い将来AIに代わりそうですね。

今のクラウドの会計システムもかなりのことをやっていますので、現金のやり取りをやめて、銀行引き落としやカードやスマホですべて決済すれば自動で仕訳をして、申告書までを簡単に作ってくれるでしょうね。

人間の仕事はAIがした作業を確認するだけになるような気がします。

今後の仕事は、「突然競合が現れて仕事が奪われる場合」と、「AIに仕事を取って代わられる場合」の二つの脅威があります。

普段から自分ならではのプラスアルファ、付加価値を生み出すことを考えておかなければなりません。


また、若い人ならAIに取って代わられない仕事をしていくほうがいいですよね。

ただし、未来は不確定なので、何が正解かは難しいです。

言えることは、どんな仕事であっても、まじめに仕事をして、知識と経験を積んでおき、どんな変化が起きてもやっていける基盤となるスキルを持っておくことでしょうね。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

「おんな城主直虎」、良かったです!

2017.12.18(23:52) 1935

昨日12月17日に、「おんな城主直虎」が最終回を迎えました。多少ネタバレのところもありますので、これから見ようと思う方は読まないでください。

井伊直虎という地味な主人公で、なかなか史実も少ない中、結構面白いドラマになっていたと思います。

最終回、直虎の柴咲コウさんが亡くなったシーンでは、何とも言えない美しいシーンで、柴咲コウさんがとても綺麗でした。

そこのシーンで、吴天(こうてん)さんが「次郎?。。。」と呼びかけるところは泣けましたね。

ラストシーンはよく分からなかったのですが、顔を見せずに高橋一生さんと三浦春馬さんが出演していたようです。私は気づきませんでしたが(笑)、最終回ではいろいろな伏線が回収されたようです。

最近のドラマは伏線回収が評価を得る重要な役割を果たしているようです。「伏線回収ウケ」みたいなことでしょうか。

ブログ、SNSやTwitterで伏線回収ネタが拡散されるので、脚本家も意識をしているのでしょう。相葉雅紀君の「貴族探偵」でも伏線回収が評判になっていました。


伏線回収と言えば、東野圭吾さんの随分前の作品である『容疑者Xの献身』で、最初にちょっと登場するホームレスが伏線になっています。東野圭吾さんによると最初は意図していなかったそうなのですが、連載をしていて思いついたそうです。こういう伏線は凄いなと思います。

それと大河ドラマなんですが、私はぜひ吉川英治版『三国志』をやってほしいんですけどね。舞台が日本ではなくても、CGも使えますし、吉川英治さんの『三国志』は日本のものですしね。

そして、音楽はコーエーのゲーム「真・三國無双」から使ってほしいです(笑)。特に1の音楽がいいですけどね!

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

佐藤一斎著『言志四録』

2017.12.20(23:43) 1936

来年の大河ドラマは、西郷隆盛が主人公ですよね。それで、西郷隆盛が愛読した『言志四録』が徐々に注目されているようです。

『言志四録』は、佐藤一斎が書いたものです。これは、『言志録』などの四書からなっていて、その総称を『言志四録』と言います。

佐藤一斎という方がどの時代の方かと言いますと、江戸時代、1800年代の方です。

弟子になる人が凄いです。

佐久間象山、山田方谷、中村正直、横井小楠など、相当たる方々です。佐久間象山門下で吉田松陰や勝海舟がいますので、佐藤一斎が明治維新の思想的な源流の人であったと言えるかもしれませんね。

『言志四録』の中には含蓄のある言葉がたくさんありますので、社員研修で使われるとよろしいのではないでしょうか。

いろいろな訳が出ていますけれども、できれば原文があるものをお薦めします。



なぜ、原文がある方が良いかというと、訳には訳者の意見や解釈が入ります。読むと「あれ?」と思うことがあっても、原文がないと佐藤一斎の言葉が分からないので、確かめようがないですからね。

また、原文は現代語訳にはない格調や言霊がありますから、原文も一緒に読まれる方が絶対に良いですね。

私は、上記の岬龍一郎さんの現代語訳を読みましたが、必ず訳のあとに原文を読んで、原文の文章を味わっていました。


ところで、『言志四録』はできるだけ若い頃に読んだ方が良いですが、若いときにはなかなか実感がわかないところもあるでしょうね。

でも、よく分からないながらも、どこかでハッとさせられる文章に出会えば、その価値はものすごいものなので、若い方はぜひ一度は読んでいただくとよろしいかと思います。

それと、若い方でなくても、ぜひ読んでみてください。学びはいつでも大切です。

『言志四録』の中の一つ『言志晩録』には、次の言葉があります。

「少にして学べば、即ち壮にして為すこと有り。
壮にして学べば、即ち老いて衰えず。
老いて学べば、即ち死して朽ちず。」



いくつになっても、学ぶことを続けていきたいと思っています。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

ゆず湯とクリスマスイブ

2017.12.22(17:48) 1937

もうすぐクリスマスイブなんですね(笑)。彼女がいるわけではないし(笑)、というか妻帯者ですし(笑)、子供も成人しているので気にしていませんでしたが、スーパーに行くとクリスマスケーキの準備をしていたので、改めて気づきました(笑)。

そして、今日は冬至なので、ゆず湯(ゆず風呂)の日ですね(笑)。

我が家は、ゆずを切らずに入れるゆず湯です。また、我が家は塩も入れます。これは邪気を払うためにやっています。

もともと、ゆず湯は邪気を払う意味があったようですね。だから、古賀家では、ダブルでの邪気払いです(笑)。


ところで、年末でクリスマスイブが近づいてくると、「今年も一人ぼっちのクリスマスイブだなぁ」とか、「いい人と出会えなかったわ」とか、「生活が苦しいから、他の人みたいに楽しいクリスマスができない」など、いろいろと思う人もいるかもしれませんね。

私も独身で若い頃は毎年思っていましたよ。「今年もむなしいクリスマスや。」って(笑)。

かといって、結婚して家族を持って、クリスマスを何度も過ごしていますけれども、独身時代と幸せ感が変ったかというと、そうでもないんですよね。

独身のときは、父母や兄とのクリスマスがありましたし、野郎同士のクリスマス会もありましたが(笑)、今思い出せばそれなりに「楽しかったんじゃないのかな」と思うんです。

たぶん、当時は「彼女がいない」ことに意識が集中していたから(笑)、他の人とのクリスマスを楽しくないように勘違いしていただけで、本当は幸せな時間だったんだろうなと思います。

世間の考え方に自分を合わそうとしても仕方がないし、人と幸せを比べても意味がないんですよね。

本当は、その時々の自分と、その周りにいてくれる人で十分幸せなんでしょうね。

有難いことです!

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

実家と妻の料理の味の違い

2017.12.27(20:38) 1938

今年は、忙しい年でした。年末も29日まで仕事になりますし、年末年始は、普段できない確定申告の準備をする予定なので、あまりゆっくりとできないと思っています。

忙しいと言えば、女性で結婚して、子供を持たれて働いておらえる方は、とても忙しい毎日を過ごしておられることと思います。ほんとうにお疲れ様です。

日本の男性は、奥さんが働いているからといって「家のことはどうでもいいよ。」という方はあまりいないと思うので、大変なのではないでしょうか。

夫が働いて帰ってきて、それからご飯を作るなんて、ほとんどの男性ではできないでしょうけど、奥様には”当たり前のこと”としてそれを要求しているかもしれません。

話は少し変わりますが、私たち夫婦は結婚して1年経った頃、私の両親の家に同居していました。
食事は一緒にしていましたので、家内が私の両親の分を含め、御飯を作る機会が多かったのです。

家内にはそれなりに辛いこともあったでしょうが、ありがたかったことは家内が私の母の料理の味を覚えてくれたことです。

結婚した夫婦で当たり前にあるのが、料理の味や作り方が全く違うことですよね。

もうすぐお正月で、お雑煮がありますけど、家によって味や具が違う最たるものでしょう。

でも、家内は母の雑煮の作り方を勉強し、味もどちらが作ったのか父も分からないレベルまで持っていきました。

やっぱり食べなれた味は美味しく感じますし、雑煮以外にも茶碗蒸しなど、いろいろな料理を学んでくれてとても助かっています。


ただ、全部が全部家内が母のやることを真似たわけではなく、同居しなくなってから我が家の朝ごはんは「パン」になりました。

私の両親は御飯しか食べなかったので朝もお米でした。でも今の我が家ではパン食です。

しかし、人間って、慣れるんですよね。今では朝のパン食が当たり前になっています。

結局何が言いたかったかというと(笑)、夫婦で何か違うところがあっても、夫の方はあまり「こうしてくれ」と忙しい奥様に言うのではなく、有難く受けていれば、そのうち慣れてくるということなんです。

味の濃さが違うとか、料理の材料が違うとか、朝の食事の習慣が違うとか、夫からしたら不満がある場合があるでしょうが、奥様も大変なんですから、感謝して暮らしていたら、なんてことなくなっていますよ(笑)。

そんなことを年の瀬を迎えるにあたり思いました。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

アンティークとミスチルの『安らげる場所』

2017.12.28(20:46) 1939

年末で少し片付けをしていましたら、昔にダビングしたDVDが出てきました。フジテレビで放映していた『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』でした。


なぜかわからないのですが、2話だけダビングしていたんですね。また、話の内容を全然覚えていなかったので、1話だけ御飯を食べながら見てみました。

一番驚いたのは、脚本が岡田惠和さんだったことです。岡田さんの作品は必ず見るようにしているんですが、まさか『アンティーク』が岡田さんの脚本だとは思いませんでした。

それと、ミスチルの音楽がとても上手に使われていたことです。私の印象では、『君が好き』なのですが、いろいろな曲がとても効果的に流れています。イントロもうまく使っていました。

特に心に残った曲がありまして、それは『安らげる場所』という曲です。

ほとんど知らない曲だったので、どのアルバムに入っているかも分かりませんでした(笑)。『Q』なんですね(笑)。私はお気に入りの曲だけを飛ばして聴くタイプなので、『Q』では『ロードムービー』以降の曲はほとんど聴いていません。


今日、『アンティーク』の中でさりげなく流れていましたけど、『安らげる場所』はいい曲ですね。

心に残る曲です。

(自分の中では、ミスチルのベスト10の中に入りますね)

古賀光昭のビジネス相談



2017年12月
  1. 人事の意向を正しく伝える(12/14)
  2. AIの時代到来にどうすればよいか(12/15)
  3. 「おんな城主直虎」、良かったです!(12/18)
  4. 佐藤一斎著『言志四録』(12/20)
  5. ゆず湯とクリスマスイブ(12/22)
  6. 実家と妻の料理の味の違い(12/27)
  7. アンティークとミスチルの『安らげる場所』(12/28)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ