fc2ブログ


タイトル画像

情報に対する肌感覚を大事にする

2017.11.08(23:25) 1910

私は、どんなに権威のある人の意見や言葉であっても、何か違和感を感じたときには鵜呑みにしないようにしています。

心の中で、「うん?何か違うんじゃないか」と肌感覚で感じる時には、「違うんだろうな」と思って、考えに”余裕の部分”を持つようにしています。

これは中学生の時からでして、学校の先生の言うことや、テレビで誰かが言うことや、新聞、単行本や雑誌に書かれている内容も、「何かおかしいんじゃないか」と思ったら、重要なことなら後で調べていましたし、調べない場合は決して内容を鵜呑みにせず、そういう考え方もあるのかという形で聞いていました。

かといって、日常で私と接した方ならご存知ですが、私は誰の意見であっても聞くようにしています。

自分と意見が違う場合でも、頭から否定しないようにして、まず相手の考えを聞くんですね。この時は、相手の意見や考えに正しいところがあるのではないかと思って聞いています。

何だか矛盾しているような行動ですね(笑)。

学校の先生やマスコミや本を出版している著者などのように、一定の資格なり評価なりされている人の言葉は鵜吞みにしないようにしています。

一方、身近な人の言葉には何か真理があるんではないかと思って話を聞くようにしています。

今ブログに書きながら、変わった考え方をしているなと、自分で思いました(笑)。

ただし、自分が学校で習ってきたことや、マスコミや本・雑誌で知る情報で、何か違和感を感じることがあったら、それは鵜吞みしない方がいいと思いますよ。

思い込まされていることはたくさんあると思いますから。

自分の肌感覚で違うなぁと思う内容は、できれば調べてみて、そして自らの頭で考えて取捨選択していくことが大切だと思います。

古賀光昭のビジネス相談



2017年11月08日
  1. 情報に対する肌感覚を大事にする(11/08)