fc2ブログ


タイトル画像

阪神タイガース、大和選手のスイッチ挑戦に思うこと

2017.02.09(21:52) 1753

今回は、阪神タイガースの大和選手に触れてみたいと思います。

大和選手は現在阪神タイガースの2軍キャンプで、スイッチヒッターに取り組んでいます。元阪神監督の岡田彰布さんは、「30過ぎてスイッチやるのは、もう遅いやろ」」笑)と言ってましたが、私も同感です。

私が思うに、スイッチヒッターで成功している選手は、元々の打席(右か左か)が良かった人ではないかなと推測しています。だからバッティングセンスが、もともとあって、もう一方の打席に取り組んでもうまくいったのではないかと思うんですね。西岡剛選手や松井稼頭央選手などですよね。

大和選手の場合、右バッターでうまく成績が上がらないから、足を活かすために左バッターに挑戦しているのでしょうけどね。

岡田元監督が言ってましたが、「俺やったら、お前(大和選手)はスーパーサブをやれ。関本みたいな代打じゃないけど、守備でもええやろ。スーパーサブになれって、言うけどなぁ」と。

ブログで何度も書いていますが、強みのみが成果を生みます。だから、大和選手も、自分の強みを生かすしかないんですよね。

大和選手の強みは、内外野を球界トップレベルで守れる守備力です。それと足の速さですよね。そして、弱みはバッティングです。

大和選手の守備力と走力は、WBCのスーパーサブとして選ばれなかったのが不思議なくらいです。

内野でも、外野でもどこでも守れて、凄い高いレベルの守備ができますからね。7、8、9回に代走で出てから、そのまま守備固めで守ればいいんですよ。

本人はレギュラーじゃないと長く現役ができないと思っているのか、年俸が低いと思っているのか分かりませんが、ここ3年引退試合セレモニーしているのは、スペシャリストばかりですよ(笑)。

桧山、関本、福原。先発完投型ではないし抑えの切り札でもありません。先発野手でもありません。それでもファンに愛され、チームに欠かせない戦力になっているんです。

だから、大和選手というよりも、金本監督が大和選手を活かす場所を岡田元監督のように言ってあげればいいんですよね。そしてフロントもそれを支持してあげる、年俸もちゃんと評価して見てあげるということです。

潜在能力ばかりを見ると間違います。できることからスタートして人の配置をすることが必要です。

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

私の弱みは英語です(苦笑)

2017.02.10(21:23) 1754

最近のブログで「強み、弱み」のことを書いていますが、今回は私の弱みについて書いてみます。

私の弱みは、英語です(苦笑)。

上智の英文科の修士号を持っていますので、「英語ができるのですね」と、いつも誤解されるのですが(笑)、私は英語を話すことと書くことが本当に苦手なのです。

いや、正直に言いますが、英語の勉強は相当しました。普通の人よりは、だいぶ勉強量はあると思います。でも、ものにならないんですよ(苦笑)。

たぶん、私には語学の才能がないのだと思います。

じゃ、なんで上智に受かったの?と思われるでしょうが、それは秋山真之が取った方法を学ばずともやったからです。

試験に出るところを予想して、その勉強を徹底したから、大学院にパスしたんですよね。更に具体的に言うと、上智の英文科の先生の本を読んで、問題にしそうなところを予測したのです(笑)。

だから、英語の力ではないんですよね。

それで、話を戻しますが、色々な会社に転職しましたが、英語ができると思われて、ある意味嫌な経験をしました(苦笑)。

「英語はできません」と言っても、「そんなことないでしょう」と言われるし、あまり英語が苦手だというと、やる気がないように思われますし、正直、困ったもんでした。

今から思うと、英語の勉強に時間を使い過ぎたと思っています。もっと別の勉強に時間を使うべきだったと思うんですね。

やはり人には向き不向きはありますし、語学は才能が結構ものをいうと思うので、才能がないと思ったら、そこそこまで(それでもかなりの勉強量ですが)のレベルになったら、別の勉強に時間を使うべきではないかと思いますね。

なぜなら、現代は学ぶべきことが多いので、時間がいくらあっても足りませんから。

まぁ、そんな風に自分の弱みは英語だと分かっていたので、私が仕事を選択するときには、英語が絡まない仕事を選んできました。

今は天職である経営コンサルタントをしていますので、これはこれで正解だったのだなと自分に言い聞かせています(笑)。

他人から見れば、強みに見えるようなことも、本人にとっては弱みであるという実例になりましたね(笑)。

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

日米首脳会談と阪神タイガースのキャッチャー

2017.02.11(23:29) 1755

安倍総理がアメリカを訪問し、トランプ大統領と日米首脳会談を行いました。

報道で伝えられている範囲では、とてもうまくいったようですね。マスコミもネガティブな話題が出たら「それ見たことか!」と批判する予定だったのでしょうが、肩透かしをくらったようです(笑)。

トランプ大統領の政策を進めるには、日本と協力していくしかないのはトランプ大統領も当然分かっているでしょうから、選挙民へのアピールに日本の悪口は使っても、利用するところは利用していけばいいわけであって、日本とは「仲よく」していくと思います。

まぁ、交渉ごとになったら、アメリカ側に極端に有利な要求をしてくるでしょうが、安倍総理はある程度は要求を飲んで、アメリカと仲良くやっていく戦略を取るでしょう。

戦後の新しい枠組みができてきつつあると感じています。

日米英プラスロシア?ですかね。中国とドイツは外れたかなと(笑)。


ところで、だいぶ話題が変わりますが、阪神タイガースのキャッチャーのことです(笑)。

阪神タイガースの弱みとして、扇の要、キャッチャーが決まっていないということがあります。

岡田元監督は、「キャッチャーは打たんでええから、キャッチャーとしていい者を選ぶべき」と言っていました。

金本監督は、「矢野に任せている」と、正捕手の選択を矢野コーチに任せているようです。

金本監督が矢野コーチを信頼するのはいいんのですが、大事なことはチームの構想を作るのは監督の仕事です。

「足を使った攻撃型のチームにするから」だとか、「バッテリーを中心とした守りのチームを作るから」だとか、チームをどうするかという構想を立ててもらわないと、矢野コーチも決められないでしょう(笑)。

まず監督が、「我がチームはこういう形で行く」というチーム構想を早く作るべきですね。

ちなみに、私のオーダーは次のとおりです(笑)。キャッチャーとして能力が高いと言われる岡崎にします。

1.糸井 2.北條 3.高山 4.中谷 5.福留 6.キャンベル 7.鳥谷 8.岡崎 9.投手

たぶん、開幕では中谷とキャンベルは入れ替わって、4番キャンベル、6番中谷だと思いますけど、中谷を4番で育ててほしいですね。

このオーダーが組めれば、結構強いチームになると思うのですが、ファンの欲目でしょうか(笑)。

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

プレミアムフライデーより、大胆な政策を!

2017.02.12(22:44) 1756

今月2月24日からプレミアムフライデーが実施されます。

午後3時に仕事を終えて、消費を促して、景気を良くしたいと政府は考えているようです。

最初にこの政策を聞いた時、「結局、午後3時に帰れるのは、公務員だけじゃないの?」と思いました(笑)。

商品やサービスを提供する側といいますか、サービス業の方は普通に仕事ですよね(笑)。サービス業で働いている方は、早く帰って買い物や飲食に来る人を羨ましく思うかもしれませんね。

異常な超過勤務はいけません。

かといって、国が会社の勤務時間を過度にコントロールしていくのは、なんかピンときませんね。


それから、資本主義では、人がサービスやモノを購入することによって景気が良くなるので、消費を悪くする法律は悪法なんですよ。だから、消費税はダメなんですよね。消費を抑制して、景気を悪化させるからです。

政府は消費を喚起したいなら、もっと別の政策を打ち出すべきです。

私のアイディアは、消費した領収書は全て経費で落とせるように税制を変えることです。

つまり、企業も個人事業主も、領収書があれば全部損金として認めることです。そしたら、モノを買いやすくなります。

それから、減価償却費の制度を無くすこと。

企業が儲かったときには、資産を購入して一括で損金計上できるようにしてあげたら、企業は資産を購入しやすくなります。経理が減価償却費の計算をして、それを計上するのも、ほんま無駄だと思います(笑)。

小さな政策(プレミアムフライデー)をするより、大胆な政策をやって消費を喚起し、結果的に税収を増やす方がいいと思いますね。

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

新聞休刊日と、ニコンの希望退職

2017.02.13(23:04) 1757

今日2月13日は、日経新聞や読売新聞は休刊日でしたね。おそらくスポーツ新聞ではない新聞はそろって休刊日だったのだと思います(コンビニで新聞が全く売られていなかったため)。

そもそも、新聞って、日曜日と月曜日は毎週休刊日でいいんじゃないでしょうか。

土日に休む会社も多いですし、株式市場や、国会とか、官庁も休んでいるわけですから、配達する人の負担を考えたら、料金は同じで、日、月は休みでいいと思うんですけどね。

ただ、それよりも、日米首脳会談のような大きなことがあったときに、今日のような休刊は止めてほしいです。

スポーツ新聞は休刊日でも、売店売りはやっていると思うんですね。

こういう旧態依然とした体制だと、ほんと新聞の将来は危ういでしょう。

あ、それと夕刊もいらないと思います。あれは、広告用なので辞められないのでしょうけどね。日曜日と月曜日を休刊日にして、月曜日だけ夕刊(今より分厚い紙面で)にするのもいいと思いますが。


話は変わりますが、ニコンが希望退職を募り、1000名のところ1143人が希望したとの記事がありました。

中身の詳細は分かりませんが、次の職場に絶対的な保証がないのに大手企業を退職するということは、会社に自分の未来を託せないという判断をした人がかなりいたということでしょう。残る方がリスクだと考えたわけですよね。

会社側からすると、社員に対し目標を正しく提示できなかったということですね。トップマネジメントが失敗しているのでしょう。

どこの会社も見切りをつけるのは、優秀な社員からです。会社にとって最も大事なことは、優秀な社員に残ってもらうことです。

マネジャーは、部下が成果をあげるのを妨げている作業を無くし、挑戦できる仕事を提供しなければなりません。

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

GReeeeNの『愛唄』でも聴いて、告白しましょう!

2017.02.14(21:35) 1758

今日はバレンタインデーです。私が若い頃と違い、「告白」のイベントではなく、友達同士でチョコを交換するイベントになっているみたいですね。

学生時代はチョコレートをもらうことはなかったので(涙)、バレンタインデーがほんまに嫌でした。

また嫌な友人(笑)が近所に住んでいて、聞くんですよ。

友人 「古賀、バレンタインのチョコレート、いくつもらった?」

古賀 「えっ!もらってないよ」

友人 「えっ!もらってないんか。俺、3つやで」


しらんわ、そんなん!!

ほんま、うっとーしかったです(悔し)

ただ、おかげ様で、今は結婚して、夫婦円満なので(ほんまかな。笑)、毎年手作りのチョコレートケーキを家内が作ってくれます。有難いことです(笑)。


まぁ、でも彼氏彼女がいない人は、恋してください!(笑)

やっぱり、好きな人がいて、会ったり話せたりすることは良いことですよ(笑)

GReeeeN の『愛唄』でも聴いて、勇気を出して「めちゃくちゃ好きだ!」と告白しましょう!

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

イノベーションできるかどうかが企業の生き残りを決めます

2017.02.15(23:27) 1759

社長にお聞きします。

社長が自社で一番優秀だと考える社員は、今何の仕事をしていますか?

おそらく、何らかの問題解決をしているのではないでしょうか?

会社の一番の売上をしている製品やサービスに関連する問題対応とか、客先対応とかをしていませんか?

ほとんどの会社が一番優秀な社員を、昨日の製品やサービスの面倒を見させているんですね。

昨日の製品やサービスは、現在の会社を支えている収益を上げているのでしょう。

しかし、それら過去の製品やサービスの問題は、一見特殊な問題に見えますが、道筋を作れば他の社員でも解決できるようなものではないですか?

私の経験ですが、主力製品(過去の製品です)にクレームや問題が発生したら、各部門の役員や管理職者が一斉に集まって、会議をして、客先へ出向いていました。

大事なことは、一番優秀な社員にはイノベーションの機会を見つける仕事をさせるのです。

富を生み出すのはイノベーションだけです。

乱気流の時代、トランプ時代には、イノベーションができるかどうかが企業の生き残りを決めます。

イノベーションは思いつきや”ひらめき”ではありません。

体系的に見つけて、たくさんの数を打つものです。作業です。

どんな会社でも、どんな業界でもイノベーションの機会はあります。

つまり、チャンスは必ずあるということです。

世界を変える若き企業家たちへ



2017年02月
  1. 阪神タイガース、大和選手のスイッチ挑戦に思うこと(02/09)
  2. 私の弱みは英語です(苦笑)(02/10)
  3. 日米首脳会談と阪神タイガースのキャッチャー(02/11)
  4. プレミアムフライデーより、大胆な政策を!(02/12)
  5. 新聞休刊日と、ニコンの希望退職(02/13)
  6. GReeeeNの『愛唄』でも聴いて、告白しましょう!(02/14)
  7. イノベーションできるかどうかが企業の生き残りを決めます(02/15)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ