FC2ブログ

記事一覧

今年は政治面で大きな変化があり!

みなさん、GWはどのようにお過ごしですか?私の方は5月5日だけが今のところ休みで、毎日仕事に出かけています(笑)。今年のGWはカレンダー通りという会社が多いのか、今日は「お仕事」という感じの方々を電車の中でたくさん見ました。政治の方では、熊本・大分の大地震で衆参同日選挙はなくなったようですね。今年は、元々の予定であった参議院選挙だけということですね。消費税増税は再び延期になり、軽減税率(8%から減...

続きを読む

明日自分の命が亡くなるとしたら

熊本の地震があったからか分かりませんンが、何日か前に、「明日で自分の命が亡くなるとしたら、どうするかな」と想像していたんです。すると、何かを家族に書き残しておかないといけないなと思ったんです。変な話、iPhoneやパソコンのパスワードも書き残しておかないと、自分がいなくなったら、仕事のこともですけど、家族は対応ができないと思いました。それに、パソコンやスマホにやばい映像とかありませんし(笑)。三国志の諸...

続きを読む

生きているのがつらいと思っている人へ

GWも終わりかけですね。明日から仕事という人もいるでしょうし、「あと3日で休みが終わりだー!!」と心の叫びをあげている人もいるでしょうね。私もサラリーマン時代は連休が続いた後の出勤は叫び声をあげたいくらい嫌でした(笑)。なんか仕事モードから離れて、仕事モードに戻るのがつらいですよね。ところで、少し話が変わりますが、私の経営コンサルタントのサイトに、「倒産 自殺」とか、「倒産 死ぬしかない」みたいな...

続きを読む

出口治明さんの『「働き方」の教科書』

先日、床屋さんで『週刊ポスト』や『週刊現代』をパラパラと見る(読むではなくて、見るですね)機会がありました。ちょっと下品な言い方をしますけど、あの二誌、「老人のエロ本」みたいになっていますね(笑)。読者の対象は60代、70代なのでしょうか?昔、『平凡パンチ』や『プレイボーイ』とか読んでいた世代をターゲットにしているんですかね、内容がそんな感じです(笑)。昔の40代や50代が『週刊ポスト』を読んでい...

続きを読む

部下の「辞めたい」を救うこと

職業柄、色々な職場を見る機会もありますが、ほんとギスギスした職場が多いなぁという感想を持っています。このギスギスした感じは、1.仕事に結果が求められていること2.仕事にスピードが求められていることこの二つが原因しているように思えます。昔も結果は求めらえていたのでしょうが、今はそれにスピードが加わり、情報の処理が追いついていかないのでしょう。だいたい人間はそんなに早いスピードで仕事をするようにできて...

続きを読む

オバマ大統領の広島訪問について思う

今日はたまたま家で仕事をする日だったので、オバマ大統領の広島訪問をテレビで見ていました。理由は分からないのですが、ところどころで涙が出ました。何か感性に響くものがあったのでしょうか、苦しかった人の気持ちが少し和らいだような感覚が伝わってきたのかもしれません。独立総合研究所の青山繁晴さんが話されていましたけど、原爆の被害者の方にオバマ大統領が言葉を交わすということは安倍内閣が相当がんばって実現したよ...

続きを読む

『嫌われる勇気』を読んで

最近『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健著、ダイヤモンド社)を読みました。ベストセラー作品ですから読まれた方も多いかと思います。この本は心理学者アドラーの教えをソクラテスと弟子の会話のように分かりやすく書こうとしたものです。アドラーに関する本は他の本で読んだことがありましたけど、著者の岸見一郎さんの考えが入っているからでしょうか、他のアドラーの本とは違う印象があります。読んでいると、新約聖書を読ん...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -