FC2ブログ

記事一覧

信頼できる経営者になれば、他社と差別化ができる

3月4日の日経MJの「奔流eビジネス」というコラムに、気になることが書いてありました。内容は、「日本人は自国の将来に対して最も悲観的な悲観大国である」というものです。エルデルマンが毎年実施している信頼度調査というのがあり、世界28か国の三万三千人に行った調査結果だそうで、「自分と家族の経済的な見通しについて、5年後の状況が良くなっているか」という問いに対し、良くなっていると考える日本人は2割以下だ...

続きを読む

コスパの悪いスタバはどうなっていくのか?

皆さんは、外でコーヒーを飲まれる時には、どこでコーヒーを買われるでしょうか?スタバ(スターバックスコーヒージャパン)と言う方も多いかと思いますが、私はほとんどスタバではコーヒーを買いません(笑)。なぜかというと、コスパ(コストパフォーマンス)が悪いと思ってしまうからです(笑)。だって、スタバって、学食みたいにセルフサービスで、自分がカウンターに行きますよね。おまけに混んでいると、ほんと学食みたいに...

続きを読む

売上が下がっているときの対処 〔経営の踊り場〕

会社の経営をされていて、現在売上が増えていかない場合があるとします。そのときに、販売に力を入れ、売上を増やそうとするのは一つの方法ではありますが、あえて経営の「踊り場」を作ってみてはいかがでしょうか。右肩上がりの成長をしていた会社も、踊り場をつくることによって、次の発展につながっていきます。売上を拡大して成長を毎年続けていくと、社員の教育がおろそかになったり、お客様へのサービスの質が低下したり、仕...

続きを読む

野球賭博をした選手に思う

読売ジャイアンツの高木京介投手が野球賭博を認め、謝罪していました。このままだと、他の3選手のように無期失格処分になるんでしょうか。でも、どうなんでしょう。無期失格処分は厳しすぎませんか?小さい頃から野球ばかりしていて、それ以外の常識がなかったといえばそれまでなんですが、若者をプロ野球の世界から無期で締め出してしまって、やり過ぎではないかと私は思っています。八百長はアカンと思いますが、たぶん野球賭博...

続きを読む

一倉定さんの社長学 1

今回からシリーズで経営コンサルタントの一倉定(いちくらさだむ)さんの「社長学」について書いてみたいと思います。一倉定さんは、日本の経営コンサルタントの父のような存在かもしれません。現在の経営コンサルタントには、一倉定さんの社長学の影響を受けている方も結構いらっしゃるでしょうし、一倉定さんの理論を応用したコンサルタントの影響を孫請けのような形で受けているコンサルタントもいるでしょう。では、一倉定さん...

続きを読む

一倉定さんの社長学 2

今日は一倉定さんの社長学の2です。前回は一倉定さんの社長学の核となる文章は次のものであると述べました。「事業経営とは、『変転する市場と顧客の要求を見きわめて、これに合わせて我社をつくりかえる』ことである。」これは一倉定さんの言葉なんですが、ドラッカーの『マネジメント』からヒントを得たのではないかと推測しています。といいますのも、ドラッカーは、「マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす」と...

続きを読む

一倉定さんの社長学 3

一倉定さんの社長学の三回目です。一倉さんは顧客第一主義を実行するために、大きく5つの方法を勧めておられます。なお、この5つというのは、私が分類し絞ったもので、一倉定さんが「5つだ」とおっしゃったわけではありません。1.社長のお客様訪問2.経営計画書の策定3.直接原価計算による管理会計4.環境整備5.ランチェスター戦略他にもたくさんのコンサルティング手法を述べておられますが、重要なものを絞りに絞ると...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営思想家であり経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -