タイトル画像

映画「永遠の0」について思う

2013.12.07(21:34) 1286

12月21日から「永遠の0」の映画が始まりますね。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


私は正直に言いまして、悲しくて見れないと思うので、映画館には行かないと思います。『永遠の0』は何の本か全然知らなかったのですが、今年たまたま読んだ本です。

凄い感動しました。

何と言いますか、大東亜戦争を生きた人の生きざまが凄くて、私たちは戦争で戦った方々の尊い犠牲と、その精神の上に生きているのだなと思った作品でした。

こうした作品を読むと、最近特にひどくなっている”反日国”による日本への辱め(はずかしめ)が許せなくなります。

命を捨てて、祖国や愛する人を守ってきた人を貶める(おとしめる)権利は誰にもありません。

今は戦争で戦った人を辱めるようなことがまかり通っていますが、いつかきっと亡くなった方々の名誉が回復される時がくると私は信じています。


-------------------------------------------------------------------------
1社でも多く倒産を防ぎたいコンサルタント 古賀光昭の公式サイト

消費税増税までに、ビジネスを立て直したい社長のためのノウハウが山盛りです。

手を打つなら今です!

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

古賀光昭の経営相談室



2013年12月
  1. 映画「永遠の0」について思う(12/07)