fc2ブログ


タイトル画像

努力を続けることの良さ

2013.03.19(00:01) 1269

先日、熱い風呂につかりすぎまして、のぼせてしまいました((笑)いつものことなんですどね)。

自宅が事務所を兼ねているのですけれども、家の北側にある執務室が結構寒いので、風呂上がりに執務室でボーっと座っていました。

執務室には机以外に本棚を一つ置いています。

何とはなしに、本棚を見ていましたら、スライド式本棚で、スライド面の一段に本が30冊くらい入っていました。

「へ~、30冊も入ってるんだ」なんて思いながら、段数を数えていますと5段あるんですね。

すると130冊くらいあるんですよ(20冊くらいの棚もあるため)。そして、スライドの裏側にも本棚が当然あり、一段に30冊以上が入っています。160~170冊くらいあるんですかね。

そして、その横にも棚が5段あるので、この本棚も目いっぱい本が入っていて、この本棚一つで500冊くらいの本が入っていたんです。

「へ~、この本棚に、500冊も入ってるのか??」と思いました。

別の部屋には、このスライド本棚以外に少し小さめの本棚があり、それにも400冊くらいは入っていると思います。

あと、食器だなを本棚に使っているのがあって、80冊くらい入ってます。それと、引っ越し時に箱に入れっぱなしの本が200冊くらいはあると思うんですね。

これで1180冊ですね。

また、過去に古本屋に出した本、処分した本、図書館から借りた本をざっとイメージしてみると、1000冊以上はあると思うんです。


そうなると、約2200冊くらいの本を今まで読んできたことになります。

学者やジャーナリストだったら、すくない読書量だと思うんですけど、ほんの4年前までに私はサラリーマンでしたから、、「地道に勉強を続けてきたのかもな。」と考えました。

本を良く読むようになったのが19歳だったので、今が50歳ですから、31年ほどかけて、2200冊を読んできたことになります。


ゲーマーだったので、ゲームに夢中になっていた時もあります。

サンテレビが映る大阪府豊中市では、阪神の試合をよく見ていました。

そうした変なことに時間を使い(笑)、努力を怠った期間もありますけれども、31年かけ、勉強を続けていたことは改めて”良かったな”と思った次第です。

お陰様で、ここ約4年間、ブログを書き続けていますから、インプットだけではなく、アウトプットすることに頭脳を使うことも多いので、継続した努力は、やっぱりいいなと思いますね。


31年間、土を耕し、種をまき、水をやり続けてきたような作業ですけど、きっと大きな実ができるんではないかと期待しながら(笑)、まだまだ精進を続けていきたいと思います。

古賀光昭のビジネス相談



2013年03月19日
  1. 努力を続けることの良さ(03/19)