fc2ブログ


タイトル画像

日本は大きくかじを切り直した

2012.12.17(18:33) 1208

しばらくぶりのブログとなってしまいました。失礼しました。

さて、昨日は衆議院選挙でした。皆様御存知のとおり、自民党の圧勝、民主党の惨敗、維新の会がそこそこ議席を獲得した結果となりました。

ほとんど予測したとおりの結果でしたが、選挙速報を放送しているテレビに出ている人のコメントは、「予想以上の自民党の勝利と予想以上の民主党の大敗」でした。


有権者が自民党になぜ票を入れたのか、コメントしている方々の説明を聞くと、トンチンカンな感じがしています。

第一の理由は、民主党の政治に辟易したこと。

第一の理由から派生した理由として、ただでさえ経済や自分たちの生活が不安定な感がするので、政治に安定を求めたこと。この発想によって、素人の政治家を選択することが、かなり少なくなったと思います。

また、これも第一の理由の派生ですが、外交や安全保障は経験のある党でないとできないという思いがあったこと。


有権者のほとんどは日本に対して何らかの危機感を持っていると思うんですね。

そして有権者は安定や安心を求めていると思います。


尖閣諸島のことや経済のこと、社会保障に関しても、全ては「安定」「安心」を強く求めていると思います。

だから、何だかんだといっても自民党が一番いいだろうという選択になったんだと思うんですね。


こうしたことを普通に想定しましたら、自民党が300議席くらい圧勝して、民主党が惨敗し、第三極はあまり伸びないことは予測できたことだと思います。


それにしても、マスコミは選挙前から反自民の動きをして脱原発を争点のように持って行こうとしているところが見えましたが、国民の方がずっと賢くて、脱原発を争点にはしなかったようです。


なんとなくですが、日本が大きくかじを切り直したという感覚を持っています。

世界の経済は不況へ進んでいますけど、日本は明るいきざしが見えてきたようです。

来年はもっと素晴らしい年にしたいですね。

古賀光昭のビジネス相談



2012年12月17日
  1. 日本は大きくかじを切り直した(12/17)