fc2ブログ


タイトル画像

強制選択法とは

2012.12.13(19:47) 1207

今日は「強制選択法」についてお話したいと思います。

経営をしていますと、色々な問題や課題が起こって、何から手を付ければよいか分からなくなることがあると思います。

そのときに大切なことが「最も重要なことから行う」ことですね。

優先順位の高いものから、仕事を処理するということになります。

そこで参考になるのは「強制選択法」というものです。


これを説明しますと、まず異なる2つのグループがあるとします。

例えば、一つのグループが仕事内容です。そしてもう一つが人材のグループです。

そして、仕事内容のグループの中から優先順位を付けます。同じく、人材も優秀な順に順位付けをします。

それぞれのグループで優先順位付けが終わりましたら、優先順位の高いものを、お互いに結びつけるのです。


もう少し具体的に説明しますね。

①新規顧客獲得
②融資獲得
③新入社員採用

この順に優先順位があるとしますと、人材の優秀な人の順に、機械的に仕事を割り振るのです。

例えば、優秀な人の順にAさん、Bさん、Cさんがいるならば、①をAさんに担当させる、②をBさんに担当させる、③をCさんに担当させるといったように、私情を挟まずに機械的に割り振るのです。


また、人材のグループの代わりに、時間をグループと考えて分類してもいいです。

午前中は仕事効率が高いため、「最も優先順位の高い時間」とします。

昼一から午後4時までが第二優先時間、午後4時から6時までが第三番目の時間とします。

そして、仕事内容で優先順位の高いものに、時間の優先順位の高いもの(効率のいい時間)を割り振るのです。

こうした方法を「強制選択法」といいます。


経営をしていますと、次から次へと大切な仕事が入ってきます。

しかし、必ず優先順位を考えるのを忘れないようにしてください。

できれば紙に仕事を書き出し、優先順位を付けてください。

自分一人で仕事をするときは、優先順位の高いものは、最も効率のいい時間に行います。

仕事をチームで行なっているときは、最も優秀な人に、最も優先順位の高い仕事を担当させることです。

単純な方法ではありますが、それなりに効果のある方法だと思います。

古賀光昭のビジネス相談



2012年12月13日
  1. 強制選択法とは(12/13)