タイトル画像

夫婦経営におけるストレス解消法

2012.12.03(16:52) 1199

夫婦で経営をされていますと、仕事と家庭(プライベート)が“ごっちゃ”になって、常にストレスを感じておられる夫婦も多いのではないでしょうか。

仕事とプライベートの境目があいまいになり、「気を休める時がない」と思っておられるかもしれません。

それゆえ、夫婦の会話も仕事の話ばかりになり、ストレスの原因になってしまいます。


では、どうやってストレスを解消していくかということになりますね。


まずお薦めするのは、お互いに一人になる時間を作ることです。

会社以外の場所、家の中でもいいですが、できれば外で孤独になる時間を持つといいと思います。

この時は配偶者に干渉せずに、一人にさせてあげることですね。

お互いに「そっとしておいてあげる」ことです。


また、大抵の会社では奥様が社内に残り、ご主人が社長として外出していることが多いと思います。

それゆえ、社内にいる奥様の方によりストレスが溜まりがちです。

社内にいる奥様は、なるべく出かける用事を作られて、社外の人と話す機会を作るといいと思いますね。

先に述べたのは孤独の時間の勧めですが、逆に社外の人と接する機会を持つ方法ですね。

仕事に関連するビジネス系のセミナーに行くのもいいですし、スポーツジムに行くのもいいです。

何か外の刺激に触れることですね。



2つ目は、夫婦二人で行動するパターンです。

時間を作って会社以外の場所に二人で出かけると良いと思います。

余裕があるなら、高級ホテルのレストランで食事をして宿泊してもいいですし、日帰り温泉旅行でもいいかと思います。


意識的に夫婦で職場を一瞬離れる時間と空間を作ることですね。

経営者ですから長い時間、会社を空けることはできないと思いますから、短時間でもいいですから、美味しい物を食べに行くとか、映画を見に行くとか、ショッピングに行くとか、夫婦で一緒に楽しむ時間を作ってみてください。

男性はこういうのをおっくうに思いがちなので、毎月のノルマにして出かけるといいですね。



それから3つ目は、信頼出来る人に、経営のこと、仕事のこと、社員のこと、プライベートな悩みを話すことです。

手前味噌になりますが、私のような経営コンサルタントとか、顧問とかに、ストレスになっている会社の話をストレートに話すといいと思います。

話すことでストレスの解消にもなりますけど、話しながら問題が整理できるところもたくさんあります。

自分達のプライベートな話も、仕事の話も、全部受け止めて聞いてくれる人を見つけ、その人へ話す機会を持つと良いですよ。



ストレス解消の方法を述べてみました。上手にストレスを解消して、夫婦円満に事業を進めてください。

夫婦円満、商売繁盛ですね!


-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

ご主人のプライドを立ててあげる

2012.12.04(18:06) 1200

今日は夫婦で経営をされている奥様へのアドバイスをしたいと思います。

ご主人のプライドは立てるようにしてあげてください。


男性はプライドで生きています。

これはどんな男性も同じです。


「私の主人なんて、プライドを持つようなキャリアも何もないですよ。」と笑っておられるかもしれません。

しかし、プライドは俗に言う“エリート”だけが持ってるものではありません。

戦士みたいな、たくましい男性だけが持っているものではありません。


「へー、あんたがプライドねぇ。どこが?!」と旦那さんを見て思うかもしれませんが、男だったら、誰でも持っているのがプライドなんですね。


これが立たないと男は生きていけないのです。


プライドを傷つけられると、ポキッと折れてしまうか、怒り出すのが男です。

面倒くさくて、ややこしいですが、そうした生き物だと、笑って許してあげてください。



ご主人と一緒に経営をしていたら、プライドのところは気をつけてあげると良いです。

上手にプライドを立ててあげる、あるいはプライドを守ってあげると良いと思います。


だいたい夫婦関係でうまくいっていない家庭は、ご主人のプライドをうまく立てていないところが多いかと思います。

プライドを大切にしてあげてください。


夫婦円満、商売繁盛ですよ!



-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

劣等感をなかったコトにしようと行動する社長

2012.12.06(20:03) 1202

以前ワイキューブ社の倒産からの学びとして「古賀光明のビジネス相談」に、社長の劣等感が経営に及ぼす影響について書きました。

社長の劣等感が経営に悪影響を及ぼすとき



簡単に説明をしますと、社長が若い頃に持っていた劣等感、これはほとんどは内面にあるのものなのですが、ある程度成功をした段階で、その影響が出てくるんですね。

そして、自分の劣等感を補うような行動をしてしまうのです。

言葉を変えると「劣等感を“なかったこと”にする」ような行動を取るようになります。

例を挙げる方が分かりやすいですよね。



例えば、若い頃、お金に苦労した。あるいは、家が貧乏であったとします。

こうした社長は、ある程度成功すると、とても高価な車を買ったり、とても高価な家を購入したりします。お金の使い方が半端無く、贅沢になります。


若い頃にお金が無かったら、一見節約志向になりそうなものです。

ところが言い方は悪いですけど、他人(具体的には社員に対してですね)にはケチな反面、自分に関係するものは、びっくりするくらい高価な買い物をします。


また別の例では、若い頃、女性に好かれなかった(男性の例です)。モテなかったパターンですね。

こうした社長は女性社員と不倫をしたり、美人秘書を雇いたがります。


分かりやすそうな、お金と異性について例を挙げてみました。

まぁ、方程式みたいに当てはめて決め付けると、よくありませんが、こうしたことが得てして多いと思っていただけたらと思います。


それに反して、若い頃お金で苦労していない人は、多少成功しても、変な買い物はしません。


天性の女たらしでなければ、若い頃にそれなりにモテた人は、社内の女性に手を出さないでしょう。変にギラギラしていませんから。


ところが、女性にモテなかった人は、成功しだすと、妙にギラギラしてきて、「美人を採用しろ!」とか、結婚しているのに社内の女性と付きあってしまうとか、ストレートな行動を取るようになってきます。


経営者の奥様にとっては、旦那さんにそうした劣等感があると、成功しだしたときほど要注意ですね。

劣等感は成仏させておかないと、悪い影響を与えることがあります。

社長には正しい自信を持たせてあげてください。


それが社長ご夫婦にも、会社にも波風を立てない秘訣です。(^^)

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

なんだかんだといって、日本って凄い

2012.12.07(20:18) 1203

今日は久しぶりに大きな地震が来ました。それもずいぶん長い揺れを感じましたね。被害ができるだけ少ないことを心から祈っております。

日本は地震が多い国ですが、なんだかんだと言って、平和で安心な国だと思います。


先日、柏市のそごう百貨店に家内と買い物に行きました。

買い物をするとクジが引けるということで、家内がクジの列に並びに行きました。

すると家内の前のお年寄りの男性が、財布からレシートを出そうとするのですが、なかなか出せないんですね。おとしで思うように細かいことが出来ない様子でした。

そして、なんとかそのお年寄りはクジを引いて、そごうから出て行きました。

私達もくじ引きが終わりましたので、店外へ行きますと、そのお年寄りがゆっくりと歩いていました。

百貨店に来ていたお年寄りですから、クレジットカードなり、現金を持っていると思うんですね。

泥棒が狙ったら危ないなと思ったんですけど、少なくとも私が見ている範囲では誰もひったくりをするものはいません。まぁ、当然のことかもしれませんが、外国だったら、当然ではないでしょう。

たぶん動きが遅いお年寄りは狙われて、現金なりカードが取られてしまうと思います。


日本では少なくとも柏駅周辺では、そういう無法者がいませんでしたし、そのお年寄りは時間どおりに来る電車に乗って無事に家に帰ることができると思います。

外国から見たら凄いことだと思いますよ。

時間どおりに電車が来ることは凄いことですし、外国だったら暴漢に襲われる可能性が高いでしょう。

ほんと、日本って良い国なんだなって思いました。



ついでですが、2週間くらい前にカバンを拾いました。

私は中を見ずに、すぐに交番へ届けました。警察官が中を調べると、通帳が3通、クレジットカードが複数、免許証、印鑑、現金など、貴重品が一杯でした。

私は人のものを取りませんが、他の人でも同じように交番に届けるでしょう。

私のケースでは持ち主が一時間ほどで現れました。

そして、たまたま私が調書を聞き取られているときに、別の落とし主が落し物をもらいに来てました。

その方も貴重品を落としたようですが、全部あったようです。


貴重品を落として無事に返って来る国って素晴らしいと思いますね。


やはり日本って、凄いと思います。


-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

ふと思った10年後のこと

2012.12.09(20:08) 1204

大学生の息子と将来の仕事について話す機会がありました。息子に「こうした仕事をするのもいいよ」という話で、息子も「それにはどうしたらなれるの?」みたいな会話です。

少し前だと、こうした話が全く出来なかったので、とても嬉しかったですね。


そして、心の中では、10年後のことを考えていました。


「私の会社が10年うまくいっていたら、一緒に仕事をするか、後を継いでもらえたらいいのかな」、なんて、夢の様なことを思っていました。


すると、ふと別のことを考えました。


10年後か。。。。


50歳になった私と、20歳になった息子。


10年後は私が60歳で、息子が30歳です。


ほとんど、私の父が亡くなったときのタイミングと同じです。

父が亡くなったのは父が61歳で、私が31歳のときでした。


だから、想像してみたんですね。

今日の息子を自分に置き換え、今日の自分を父に置き換えてみました。

20歳の自分が、50歳の父と話をしていたようにです。

当たり前のことですけど、11年後に悲しい別れがくるなんて、全く想像することもできずに過ごしていましたね。


10年はあっというまですけど、当時の父と私にとっては、その10年が貴重な時間だったんだなと思いました。

現在の自分が「父と子として」、息子と貴重な時間を共有させてもらっているのだなと、心から「ありがたいな」という気持ちが湧いて来ました。

生きているのは、当たり前ではありませんよね。


夫婦も同じですね。

いつどうなるか分からない有限の時間の中で、貴重な時間を共有しているパートナーですよね。

そんな貴重な時間ですから、できるだけ結婚生活を楽しくした方が「かしこい」ですよね。

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

社長の気分に悩まされている奥様へ

2012.12.10(18:52) 1205

ご夫婦で経営をされていて、例えば、旦那さんが代表取締役、奥様が専務取締役という会社があるとします。

奥様は旦那さんである社長の気分の上下に悩まされることはないでしょうか?


会社の売上がいいときには有頂天になり、逆に業績が落ちると気持ちも大きく落ち込んだり、 あるいは社員との揉め事があると腹を立てたりしている旦那さんへの対応に困っている奥様も多いことでしょう。

「うちの旦那は、なんでいつもこう気持ちが安定していないの」と。


リーダーには「上司のいるリーダー」と「上司のいないリーダー」の二種類があると言われます。


「上司のいるリーダー」とは、社長以外の管理職者ですね。課長、部長、平の取締役です。

「上司のいないリーダー」は社長ですね。

まさに旦那さんである社長は「上司のいないリーダー」で、いざというときには全て自分で責任を取らなければならない職責です。


また、「上司のいるリーダー」は頼るリーダーや上司が上にいますが、社長にはいません。

それだけ目に見えないプレッシャーがあるのですね。

だから、周りから見ると、ちょっとしたことのように思えても、愚痴をウジウジ言うようなこともあるでしょうね。

「何であのとき、そうした判断をしたのだろう。」とか、「ああするんではなかった。」とかですね。

まぁ、その愚痴に付き合わされる奥様は大変だと思います。


しかし、そんなときはドン!と構えてあげてください。

「まぁ、いいじゃん!いい勉強になったと思えば♪」とか、

「ちょっとした投資をしたと思えば、いいよ♪」とか、

「次、同じことをしなければいいだけじゃないの♪」とか、

「いいように考えよう!」とかですね。


逆に会社の業績が上がって、社長が有頂天になっているなと思う時は、引き締めてあげてください。

結局、社長の最後の支えになるのは奥様です。

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

家庭を守りきった価値は素晴らしい

2012.12.11(23:07) 1206

最近は結婚することが難しいと言われますが、私は結婚生活を継続することは、それ以上に難しいのではないかと思います。

夫婦にとって最も大きな事件は愛情が裏切られることでしょう。

いわゆる不倫、浮気ですね。


でも、そんな家庭の危機があっても、単純に離婚を選択しないで、きちんと子供を育て上げ、家庭を守り通す方もいらっしゃるでしょう。

合理的に考えれば、離婚して新たな道を歩むことが楽だと思います。


しかし、子供のことを考え、配偶者のことを考え、苦しいけれども家庭に残って、家庭を守り続けることは、大変価値のあることだと思います。

(ただし、相手が暴力を振るうようなケースは論外ですし、程度問題があります。許したくないけど、許せる範囲での話です。離婚しないことが必ず正解という意味ではありません。)


生きていると、「なんで自分にこんなことが起こるの」と思うことが突然やってくることがあるかもしれません。

特に夫婦のような男女問題は簡単にはいきません。

気に入らないことや、嫌な事をされることもあるでしょう。

でも、なんだかんだと言って、家庭を一生守り通したことは立派なことだと思いますし、たとえ大きな夫婦の危機があっても乗り越えて、子供を育てあげたことは尊敬されることだと思います。


家庭を守り通した価値って、あると思いますね。

私は素晴らしいと思います。


-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   
こちらから お気軽にお申込みください。


古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------



いつもクリックしていただいて、たいへん励みになっています!
感謝してます!



古賀光昭の経営相談室



2012年12月
  1. 夫婦経営におけるストレス解消法(12/03)
  2. ご主人のプライドを立ててあげる(12/04)
  3. 劣等感をなかったコトにしようと行動する社長(12/06)
  4. なんだかんだといって、日本って凄い(12/07)
  5. ふと思った10年後のこと(12/09)
  6. 社長の気分に悩まされている奥様へ(12/10)
  7. 家庭を守りきった価値は素晴らしい(12/11)
次のページ
次のページ