FC2ブログ

記事一覧

仕事をしていて「虚しいなぁ」って思う人へお薦めの曲

毎日仕事を頑張っておられる皆様、仕事をしていて「虚しいなぁ」と思うことはないでしょうか? そんな人へお薦めの曲がMr.Childrenの『HOME』というアルバムに入っている『彩り』という曲です。 HOME(通常盤)(2007/03/14)Mr.Children商品詳細を見る私はあまりこの曲を聞いていませんでした。 ところが最近、高校時代の友人からこの曲のことを聞いて改めて聞き直しました。 シンプルで素直な感じのする歌詞なんですけどね。おそらく...

続きを読む

人それぞれに時期がある

今日、ちょっと花屋さんで買い物をしたのですが、6月に咲く花とか、5月に咲く花とか、季節によって色とりどりにあるんですね~。 「今の季節はちょうどこのお花が咲く時期なので」と店員さんに言われても、全然知らないですよね。 お花は奥が深そうなので、色々と知りたいと思いました。 さて、様々な季節に咲く花に、私たちの人生のヒントもあるのではないかと思いました。 桜も、梅も花が咲くタイミングは違います。 紫陽花も...

続きを読む

倒産からの学び  ワイキューブ

経営者は他の会社の成功事例だけではなく、失敗事例も参考にされていると思います。どうして会社が倒産したのかを知ることは、自分への戒め、反省の材料にもなりますから、一般に公開されている事例からお話をしたいと思います。 今回の学びは、民事再生法の適用を申請したワイキューブです。 下記の本を参考にしました。 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日(2012/02/28)安田 佳生(やすだ よしお)商品詳細を...

続きを読む

ワイキューブの表面的な倒産原因

昨日の続きです。ワイキューブの倒産の原因は色々とありますけど、表面的に見えるものとして、私は大きく二点にまとめてみました。 一つは、社長の安田さんが、お客様ではなく、社員に目を向けていたこと。 もう一つは、キャッシュ・フロー、資金繰りを全く考えていなかったこと。 この二点です。 安田佳生社長は、優秀な人材を集めることを第一に優先して経営をしていたようです。 そのため、ニ点目の「資金繰りを全く考えていな...

続きを読む

社長の劣等感が経営に悪影響を及ぼすとき

昨日の続きです。昨日のブログにはワイキューブが民事再生になった表面的な原因を述べました。表面的には資金繰りを考えずに社員及び新規採用のためにお金を使ったこと、お客様の視点が無かったことなどがあげられます。 ただ、そうした安田佳生社長の行動は何から生まれているのかが重要だと思います。 安田社長の気持ちを知るヒントが本には書いてありました。 安田社長は正直に自分の気持を書いておられます。 「私はビジネスで...

続きを読む

入社3年間は賞与、昇給に差をつけない

もうすぐ夏の賞与の時期だと思います。現在、賞与を含めた人事考課を実施している会社も多いのではないでしょうか。 賞与の人事考課について経営者の方にアドバイスしたいと思います。 それは中途を含めて、新入社員の賞与、昇給に3年ほど差を付けないことです。 会社側といいますか、評価をする側は、新卒の新入社員でも、中途入社社員でも、最初の賞与あるいは二回目の賞与で差をつけようとします。 たとえば、「彼はいつも元気...

続きを読む

『現代の経営』からの学び 「木は梢から枯れる」

今日はピーター・F・ドラッカーの『現代の経営』からの学びを書こうと思います。ご紹介する言葉は次のものです。  士気の高い組織は、トップマネジメントの士気が高い組織である。  組織の文化が腐るのは、トップが腐るからである。「木は梢(こずえ)から枯れる」 ドラッカー名著集2 現代の経営[上](2006/11/10)P.F.ドラッカー商品詳細を見る私は、サラリーマン時代から様々な組織を見てきました。 例えば、支店や支社が権謀...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30