fc2ブログ


タイトル画像

男性が結婚できない理由

2012.06.13(20:17) 1102

今日の日本経済新聞の夕刊に「年の差婚もいいじゃない」という記事が載っていました。年の大きく離れた結婚に対する抵抗感が薄れてきているという話ですね。

そこで今日は婚活について書いてみようかと思いつきました。


男性が結婚出来ない原因は何なのかなと考えますと、「結婚できるという自信」の無さにつきるのではないかと思います。

収入が少ないとか、出会いがないとかは、副次的な要因で、本当の原因は、“自信”ではないかなと思うんですね。

男性は、異性に対する自信を、普通はなかなか持てないと思います。

特に失恋した経験や、付き合っていて辛い別れをしたなどの挫折経験があると、どうしても自信を無くして、心に傷が深く残るのではないでしょうか。

私も全然モテなかったので、この気持はよく分かっているつもりです。(^^;)


そして、異性に対して自信がないと、異性に対して、ついついネガティブな対応を取ってしまうんですね。

好きになった女性がいても、誘っても断られるんではないかと考えてしまって、何も言えなくなってしまうんです。


妻子持ちなのに若い女性と付き合っている「おじさん」がいるようですけど、なぜそのような「おじさん」が女性を射止めているかというと、私は「結婚できた自信」があるからだと思います。


なんだかんだといっても、結婚という大きな人生のイベントを達成した(笑)ことは、男性にとっては自信になるんではないでしょうか。

だから結婚して離婚をせずに家庭を持っている人は、自分自身の中に「自信や安定感」があるのでしょう。

それが若い女性には“頼れる”ように見えるのかもしれませんね。

そのほとんどが誤解なんでしょうけど(笑)。


では、どうすれば、まだ結婚していない人が、自信を持てるようになるかについて、次回考えてみたいと思います。
<続く>

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

異性に対して自信を持てるようになる方法?

2012.06.14(11:45) 1103

昨日のブログでは、男性が結婚できない原因として、「結婚できるという自信の無さ」を挙げてみました。異性に対して自信がないと、ネガティブな対応を取ってしまうということをお話しました。

では、どうやって、異性に対する自信を持てるようになるかをお話しなければならないと思いますが、私自身、そうした自信を持っているわけでもないので、正しい回答を言えるかどうかは分かりません。 すみません。m(_ _)m

あくまで参考の一つとしてお聞きくだされば、有難いです。


異性に対する自信は、やはり異性に対する成功体験を積むことが一番確実ではないかと思います。

この成功体験というのは、山口百恵さんの歌の『ひと夏の体験』みたいな体験ではありません(笑)。

変な意味の“体験”ではなく、異性に好感を持たれる実績のようなものです。


ただ、その実績が無いから、自信も生まれないわけでして、では異性に好かれていない段階で、どうすればよいかということになりますね。

私がお薦めするとしたら、異性以外のところで成功体験を積み重ねていくことです。


例えば、仕事に一所懸命取り組んで、実績を積んで自信を持っていくことや、資格試験の勉強をして合格するなどです。

逆説的ですが、異性のことをあまり考えず、仕事や勉強などを頑張って、成果を出していくことですね。


そして、その中で異性に対するギラギラとした思いを薄めることです。

このギラギラした思いというか、“ネチャ”っとした思いは、相手に分かってしまうものです。

そうすると、相手はそのベタベタした思いから逃げようとしますので、そうした思いを出さないようにした方がいいのです。

異性以外のものに努力している姿に、人は好感を持つのではないでしょうか。



それから自信を持つためには、「明るく振る舞うこと」をお薦めします。

意識して、明るい人間になろうとすることですね。

そのためには、普段よりは、少し大きな声で、はっきりと言葉を発することです。

顔はいつも微笑むようにして、楽しいことがあれば、「アハハハ!」を大きく発声して笑うのもいいです。


服も明るい色の服を着るといいでしょう。

服に抵抗があるなら、下着は赤を着ることも効果があると思いますよ。


髪が顔を覆うようにしていると暗く見えますから、こざっぱりと髪を切るか、アップして顔を出すようにすると明るい雰囲気がでるようになります。

白髪も染めると、他人が見る目だけでなく、自分も若くなったように感じるので、染めるのもいいかと思います。


あとは、映画やドラマの俳優さんで、自分が明るい人だなと思う人をイメージして、自分が“なりきる”のもいいのではないでしょうか。


色々述べましたが、急に自信を持つのは難しいですし、じっくりと時間をかけて自信を持つほうが、しっかりとした自信を持てるようになると思います。


きっと自分にふさわしい人と結婚できると確信して、頑張ってみてください。

素晴らしい扉が開いてくれると思います。


-------------------------------------------------------------------------
経営者夫婦の味方 古賀光明の公式サイト ← お仕事のご依頼はこちらから

経営者夫婦のための相談室(アメーバ) ← 経営者夫婦向けのブログです

古賀光明のニュースレター ← 時事問題等はニュースレターで配信します

経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

--------------------------------------------------------------------------

クリックいつもありがとうございます!


古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

ホンダがレジェンド、インスパイアの生産を中止に

2012.06.16(18:15) 1104

ホンダが「レジェンド」と「インスパイア」の生産中止を発表しました。この二台は30年近い前、実家が買った車だった(レジェンドはクーペです)ので、寂しいですね。

ホンダは軽・小型車やハイブリッド車に経営資源を集中していくようです。

レジェンドが発表された当時、ホンダのディーラーの営業マンは次のように言っていました。


「車を買う方は、だいたい段々と車種のレベルが上がっていって、最後は高級車になるんですけど、ホンダは高級車がないんで、トヨタに行かれてたんです。
でもこれで、ずっとホンダ車を買ってくれている人が、最後にレジェンドを選んでもらえるようになりました。」


ところが、「いつかはクラウン」のように、「成功したら高級車を買おう」という人が減ってきたのでしょうね。

おそらく、ここ10年以上の傾向として、収入の増加に合わせて、車を小型車から段々と高級車に変えていくようなケースが減ったのでしょう。

それゆえ3ナンバー車から軽自動車に乗りかえられる方や、小型車に乗っている方が買い替えになっても継続して同じ価格帯の車を買う方が増えているんだと思います。


また、車自体に対する考え方が変わってきているのでしょう。

例えば、うちの大学生の息子は、車には全然興味を持っていません。

若い世代にとっては、車はステータスや所有欲を満たすものではなく、単なる移動手段の一つなのでしょうね。そうなると、できるだけ安くて燃費のいい車を選びますよね。


ある意味、マーケットの傾向を見たら、ホンダのレジェンドとインスパイアの撤退は遅かったかもしれません。


でも、ホンダのことですから、あっと驚くような面白い車をまた創ってくれると思います。

ホンダファンとしては、頑張って欲しいです!

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

ギリシャの再選挙で緊縮派が過半数を確保

2012.06.18(12:04) 1105

ギリシャの再選挙で緊縮派が過半数を確保する見込みとなりましたね。ギリシャ国民はユーロにとどまることを選択しました。

一応、世界経済にとって最悪の事態は回避されたように思います。


しかし、緊縮財政を取ったらギリシャの景気は良くなるどころか、更に悪くなるでしょうから、ギリシャの失業率や貧困はひどいものになるでしょう。


それゆえ、ギリシャの問題は解決ではなく、問題が先送りされているだけだと考えたほうがいいでしょうね。

いずれはユーロから離脱するかどうかが、また問われるかと思います。


ただ、ギリシャはこれから大変でしょうが、世界経済にとってはギリシャのユーロ離脱による大混乱を避けることができたので、ひとまずは「良かった」ということになり、日本の株価も上昇しています。

されどヨーロッパの景気がいいわけではありませんから、中国や韓国の輸出が減り、日本にもボディーブローのように影響を与えてくるでしょうね。

まだまだ安心できない世界経済です。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

失業の長期化への対処の方法

2012.06.20(19:15) 1106

昨日6月19日の日本経済新聞の夕刊「米国の雇用統計」という記事があり、「失業の長期化が問題」との内容が載っていました。

5月時点での失業期間の平均は39.7週だということです。9ヶ月くらいですかね。

リーマン・ショック前までの最高記録は21.2週だったそうですから、かなり失業が長期化していることが伺えます。

これは日本もおそらく同じような傾向が出ているでしょう。一度失業してしまうと、何ヶ月ではなく何年か失業していしまうケースが結構あるかと思います。


また、この記事では「履歴効果」が懸念されると書いてあります。

履歴効果とは、長期に失業すること自体が、スキルの低下や就業意欲の低下を招き、高失業率が構造化してしまうことを指します。


私も随分前、失業している時に、人材紹介会社のコンサルタントから、そうしたことを言われました。

「顔がアカン!」って言われたんですね。

確かに顔は、あきませんが(笑)、その理由は、失業していると、顔に緊張感が出ていないそうです。

家にいるので、どうしてものんびりとした顔になってしまう。それが顔に出ているから、企業側からは採用されないよとの注意でした。


言われたときはショックでしたが、採用担当を自分がすると良く分かります。


最近はいないでしょうが、随分前でしたら“余裕で失業している”ような人がいて、その雰囲気が出ていました。

最近だったら、切羽詰まった顔をしておられる方も多いかと思います。

焦っている雰囲気を出すとよくないでしょうね。


では、どうすればいいかということですが、できればアルバイトをしながら就職活動をする方が、イキイキとした雰囲気で就職活動ができると思います。

アルバイトができないようでしたら、ハローワークに職業訓練校を紹介してもらうといいです。

職業訓練校に行くだけでも、人に接しますし、勉強もしますから、大分違うと思いますよ。

それから、職業訓練も受けてしまって、もう受けられないようでしたら、何か自治会なりPTAなりのボランティア活動をするのもいいでしょうし、クールビズの格好をしてハローワークで求職活動をするなり、図書館で勉強するなり、工夫されたらいかがでしょうか。


要するに、家でのんびりとする期間が長くなってしまうと、それが雰囲気に出てしまうので、何か緊張感を持って取り組めるものを見つけるのが大事かと思います。

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

「どうせ一生◯◯」は禁句です

2012.06.21(20:35) 1107

「どうせ一生◯◯」というフレーズは禁句ですね。

例えば

「どうせ一生結婚できない」

「どうせ一生うだつが上がらない」

「どうせ一生幸せにならない」

「どうせ一生お金持ちになれない」

「どうせ一生成功しない」


これらな思わない方がいいですし、言葉に出さない方がいいですね。


現段階で一生を決めつけるのは早すぎます!

今がダメでも、先は分からないですもん!

自分自身へのネガティブなイメージが一生続くとは、決して思わないでください。


変わる余地は十分にあるんです!

時間を味方につけて、なりたい自分になろうではありませんか!


頑張って行きましょう!

古賀光昭のビジネス相談



タイトル画像

リストラが別の会社を盛り上げることもある

2012.06.25(12:31) 1108

今朝の日本経済新聞を読んでいましたら、日本航空のリストラで100人以上の人材がスカイマークへ移籍したそうです。

日航が人材を出してくれたおかげで、スカイマークの事業基盤は強くなったと、スカイマークの幹部は言っています。


また、アメリカのシリコンバレーが発展した一つの契機は、IBMの大リストラだったそうですね。IBMを辞めた優秀な人材が西海岸の新興企業に大量に流れ込み、それがシリコンバレーを活性化したとか。


一見、不幸なリストラですけど、その人材が別の会社なりで頑張って、また産業を盛り上げることもあるってことですね。


みなさん、必ず強み、良い所を持っておられます。

それを生かす会社にいけば、まだまだ成果を出していくことができます。


決して、くさらず、頑張っていきましょう!

なんの、まだまだ、人生これからです!!

古賀光昭のビジネス相談



2012年06月
  1. 男性が結婚できない理由(06/13)
  2. 異性に対して自信を持てるようになる方法?(06/14)
  3. ホンダがレジェンド、インスパイアの生産を中止に(06/16)
  4. ギリシャの再選挙で緊縮派が過半数を確保(06/18)
  5. 失業の長期化への対処の方法(06/20)
  6. 「どうせ一生◯◯」は禁句です(06/21)
  7. リストラが別の会社を盛り上げることもある(06/25)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ