fc2ブログ


タイトル画像

部下は上司の悪いところに似る

2012.05.22(16:17) 1086

サラリーマン時代の上司が「部下は上司の悪いところに似るでしょう。」と言っていました。これは、子会社の管理職者について語ったときの言葉です。

つまり、子会社の管理職者は、社長の悪いところを吸収して、同じような悪い面を持っていると言っていたのでした。

そして、私の上司は「不思議なんだけど、いいところは似ないんだよね。悪いところほど、吸収しちゃうんだよね。」とも言っていました。

確かに、生え抜きで、ずっとその会社で働いて幹部になったような人は、「社長にそっくりだった」というのを何人か私も見ています。

ほとんど一日一緒にいるので、似てくるのでしょうね。



もし社長が、社員を見ていて、気に食わないことがありましたら、実はご自分と「そっくりの行動だった」ということはありませんでしょうか?


気に食わない社員の態度は、社長の普段の行動のコピーかもしれませんよ。


社員がすぐに感情的になるなら、普段から社長もすぐに感情的になっているのかもしれません。

社員が約束を守らない人間なら、普段から社長も約束を守らない人なのかもしれません。

社員が何でも他人のせいにして責任を取らないようでしたら、普段から社長が他人のせいにして責任を取らないのでしょう。

もし、社員の態度で気に食わないところがありましたら、自分に同じようなところがないかを振り返るといいです。

自分が何気なく普段やっていることを、社員が同じようにやっているのではないかと思って、自己反省の材料にすると、より大きな器になる機会(チャンス)になると思います。


すべてを機会にしましょう。

古賀光昭のビジネス相談



2012年05月22日
  1. 部下は上司の悪いところに似る(05/22)