fc2ブログ


タイトル画像

人生15年周期説?

2012.03.16(19:43) 1039

高校生になる前までは時間の使い方が浪費型でした。何に使っていたかというと、テレビドラマの再放送サンテレビジョンの阪神タイガースの試合中継です。

当時はビデオが出る前のときでもあり、再放送のドラマを見逃すと、しばらくは見られないので、やたらとテレビを見ていました。

サンテレビは関西に住んでおられる方はご存知なのですが、阪神タイガースの野球中継で持っているテレビ局で、試合開始から試合終了まで放送してくれる、なんとも有難いテレビ局です。

私は6時半のプレイボールに間に合うように家に帰り、試合終了まで野球を見るのが楽しみでした。

そんなかんなで時間を浪費していたわけですが、16歳の頃から急に本を大量に読むようになり、ちょっとした時間も無駄にすることなく、細切れ時間を使って本を読むようにしていました。

16歳から24歳くらいまでは、ひたすら本を読むようにしていました。


ただし、大学院に入りますと、修士論文を書かなければいけませんし、専門書を読む時間が増えるために、なかなか思うような読書ができなかったことを思い出します。

更に社会人になって、時間の使い方が更にルーズになったと思います。

20代はストイックに時間管理をしていましたが、30代は再び時間浪費型の生活を送っていたような気がします。

そして46歳で独立するまでの40代前半は、会社に関連するものに時間とエネルギーを取られてしまったと思います。

こうして自分の人生を振り返りますと、15年くらいの周期で、伸び伸びと自由奔放に時間を浪費している時代と、内省的にストイックに本を読んだり、文章を書いたりしている時代が交互にあるようです。

これはブログを書きながら、今、気づきました。

意識してやっているわけではありません。

両極端な生き方をして、無意識に心のバランスを取ろうとしているのかもしれませんね。

そして、私の場合、ストイックな期間の方が「人生の貴人」(人生を変えるような人」に出会ったり、周りへの影響力が強かったり、成果が挙がったりと、良い周期であるように思えます。

時間浪費型の自由奔放な時代は、楽しいときなんですけど、そこで出会った人は縁が薄かったり、成果もそれほどなかったりで、結果的にはあまり良くないのかなと(反省)。

今は、ストイック期間ですので、この周期説からいきますと、あと10年はストイックに生きて、成果をあげていける期間ですね(笑)。

時間を大切に使っていきたいと思います。


まとめ

誕 生~中学生 自由奔放浪費型

高校生~30歳 ストイック、内省型

31歳~45歳 自由奔放浪費型

46歳~60歳 ストイック、内省型


皆様の人生は何年周期で、どのような変化が現れていますか?

古賀光昭のビジネス相談



2012年03月16日
  1. 人生15年周期説?(03/16)